Evoken Fest 2017

09 05, 2017
evokenfest2017

9/3、大阪の江坂MUSEにて行われました「Evoken Fest 2017」の大阪公演を見に行ってきました。
いわゆる「クサメタル」ばかりが6バンドも集うフェスで、ほとんどが初来日のバンドばかり。
チョイスされたバンドのレアさ、また、江坂という車で20分程度でつく近い会場でしたので、本当に見に行かない理由が見つからない(笑)、そんなイベントでした。

江坂MUSE自体は古めなライヴ会場で、写真を見たらわかるように壁が木造。
ただ、想像以上に広く、お金のかかった会場にはさすがに敵わないと思うけど、音自体もそんなに悪くは無い印象でした。
耳栓をしていたせいもあるかもしれませんが、全体的にマイクの音量が小さく感じたので、もうちょっと音量を上げてもよかったかなぁと。

開場後、場所の確保を優先していたので、物販には最初並ばず、真っ先にステージ前へ。
そこからメインアクトのFREEDOM CALL、サブメインのTWILIGHT FORCEが大体1時間10分、その他のバンドが50分というタイムテーブルで、6時間の長丁場は本当に大変でした。
会場までの時間も含めれば、ほぼ7時間その場で立ちっぱなしになるので、トイレとかが心配されましたが、会場で1.5リットルほどの水分を摂取してもトイレに行こうとは思わず、持ちこたえることはできました。
水分は全部汗で出てしまったんでしょうね。

ちなみに当初はGLORYHAMMERが出る予定でしたが、スケジュールの関係上キャンセルとなり、代わりにCELLADORが来ることになりました。
GLORYHAMMERはかなり見たかったけど、まぁ仕方が無い。

以下、それぞれのバンドの感想をば。

---

TEMPERANCE

イタリアの紅一点女性ヴォーカルのいる、モダンなメロディックメタルバンド。
NIGHTWISHとAMARANTHEを合わせたような音楽性がベースと個人的には思っているので、メロパワ、メロスピバンドが揃う中ではやや異質です。
でも、メロディのしっとりした質感は心地よく、メタルコア的な格好良さと色んなジャンルを取り込む実験的な精神が面白い魅力的なバンドです。

まず、女性ヴォーカルの人が綺麗で、顔小さい!(笑)
対して、演奏隊がイタリアらしく濃い目の雰囲気の男たちなので、余計に女性ヴォーカルの人が際立つというか(笑)
そんな男性陣、演奏面では思った以上にテクニカルさを押し出してきていて格好良かったです。
ただ、どのメンバーも実力的にはとてもよかったけど、もっと良い環境でライヴを行えばもっと冴えただろう音楽性と思うので、ちょっと惜しいですね。
オープニングとしての掴みはバッチリでした。

POWER QUEST

イギリスのメロスピバンドで、かのDRAGONFORCEとは分家的な兄弟バンドになるけど、その辺り忘れられてそう(^-^;
スピードを追求してきたDRAGONFORCEとは違い、こちらは鍵盤が中心人物ということもあり、AORにも通じる柔らかなクサメロが特徴。
この辺からフェスとしてのギアが入ってきます(笑)

5,6曲のセットリスト中、発売前の新曲も2曲やったっぽいので相対的に過去作からの選曲が少なめ。
「やってほしかったあの曲」の多くがスルーされてしまいましたが、新曲は初期を彷彿させるナンバーでよかったです。

新任だろうVoの人がかなりコミカルな人で、楽しいステージでした(笑)
自分はペットボトルの水(蓋なし)を貰ったりしました(笑)
他のメンバー、特にリーダーの鍵盤の人がステージが終わってからも楽しそうに客と触れ合ってる姿から、よほど来日が嬉しかったんだろうなという印象を受けました。
ちゃんとしたセットリストでまたちゃんと観たいですね。

CELLADOR

キャンセルとなったGLORYHAMMERの代わりに来日となったアメリカのメロスピバンド。
DRAGONFORCEっぽいスピード感溢れる1stから色々困難があった末、ようやく11年ぶりに今年2ndを発表しました。
唯一の過去のラウドパークで来日経験があるバンドですが、リーダー(Vo/G)の人以外、メンバーは当時から多分一新されてると思います。

ベース音をかなり効かせた音バランスで、ゴリゴリした勢いで魅せるステージは、最も特徴的なプロダクションでした。
ただ、途中アンプ交換するほどの機材不備のアクシデントが・・・。
機材が無事なメンバーで何とか即興の演奏で場を持たせたりと、不運なバンドというイメージがさらに深まりそう・・・(^-^;
一部メンバーがステージ慣れしてない印象もありましたが、メンバー間は仲の良い感じで助け合っていました。

しかし、リーダーの人の腕の筋肉が凄いですね・・・。
他のメンバーが比較的細いので、尚更そう感じます(笑)

DERDIAN

イタリアの劇的なシンフォニックメタルバンド。
今回の来日に際して初めて音楽に触れましたが一発で気に入り、結果フェスの中でも1,2を争う期待を持つことになったバンドです。
現在Voが不在な状態ですが、このツアーに限ってお気に入りだった前任を呼び戻して参加という、最高のお膳立てっぷり。

セットリストも文句なく、悶絶級のクサメロの嵐に自分のボルテージは、このバンドの時が最高潮だったと思います。
メンバー6人、身体の大きい人が多くて若干窮屈さもあったものの、満足のいくステージを見せてくれました。
メインアクト扱いじゃないのが本当に残念。
あと、ゴツい声のバックコーラスも誰が歌ってたのか判明してよかった(笑)

前任Voの人は、髭面のイケメンで、日本を意識してか腰にNARUTOのストラップ付けてました(笑)
縦横無尽に動き回るパフォーマンスも格好良く、何でこの人止めちゃったんだろうって思うぐらいに魅力的な人でした。
ちなみにライヴ中に2秒ぐらい握手できたのも嬉しかったです(笑)
是非次のアルバムには復帰してほしいところですけどね・・・。

TWILIGHT FORCE

スウェーデンの「コスプレ系」エピック・シンフォニックメタルバンド。
会場ではこのバンドを目当てにした層が多そうで、一番の盛り上がりを見せてました。

メンバーそれぞれが、人間の戦士やウォーロック、エルフ等のキャラを演じ、それに準じた格好でステージ上に現れ演奏するのは、前に見たFINNTROLL以来の衝撃です(笑)
ショーとしての華やかさは、ダントツでこのバンドがトップかなと思います。
エルフとハーフエルフの金髪ギター二人が特に華やかで、途中ベースの人をキックして弄ってたり、鍵盤のウォーロックの人がストーリーテラーとして良い味を出してたり、キャラを作りこんでるなぁと感心しっぱなしでした。

一方で、キャラクター人気が先行し、楽曲面でやや追いついてないイメージもあるバンドなので、初期RHAPSODYクラスの名盤でも出れば、もの凄いバンドになるんじゃないかなと思います。
今後に期待したいですね。

そういや、ドラムの人がどこか怪我してたっぽく、タオルに付いた血が痛々しかったです。
まぁ、ストレングスの数値がメンバー中一番低いので仕方ないですかね・・・(^-^;

FREEDOM CALL

メインアクトであり、最後のトリであるドイツのベテランメロパワバンド。
HELLOWEEN直系の音楽性で、かつ発売されているアルバム数も2桁にいっているにも関わらず、一度も来日がなかった辺り、本当に不思議で仕方がないのですけど、タイミング的になかなか機会がなかったのでしょうかね。
今回のフェスでの期待値ではDERDIANと並ぶトップで、結果をいえば、ベテランらしい他のバンドと格の違う安定したパフォーマンスで大満足でした。

セットリストとしては最新作からの選曲が多め、あとは各アルバムからバランスよく選曲という具合で申し分なし。
気分を高揚させる勇ましい楽曲の数々が非常に格好良く、体力的にかなり消耗している状態だったのですけど、引っ張っていってくれるベテランの頼もしさは本当に有難かったです。
途中アコギのパートが入ったり、客の持っているスマホのライト機能(アプリ?)をペンライトのように使わせたり、極めつけは旭日旗の柄に「メタルの優勝」と日本語で書かれた超ダサいTシャツを着たり(笑)と、最後まで飽きさせない演出満載でございました。

あとトークが多く、メンバー達の気さくな性格を十分に感じ取れることができました。
まぁ、英語はふわっとしか判らないんですけどね(^-^;

次はちゃんと体力の残ってる状態で堪能したいものです。

---

以上、ざっくり各バンドの感想を書いてみました。

全バンド終了後、急いで物販の方に行ってみましたけど、案の定欲しいものはほとんど売り切れてしまってました。
辛うじてPOWER QUESTのTシャツを買えたぐらい。
POWER QUESTのCDとDERDIANのシャツも欲しかったなぁ・・・。

この中でどれだけのバンドが再来日できるか、予想も付きませんけども、1つでも多く再来日できたら嬉しいですね。
特にDERDIANやPOWER QUEST辺りは時間も短かったこともあり、物足らないのでしっかりしたセトリでもう一度見たいものです。
来年もこういうフェスがあったらいいなぁ。


 ■ 今日のBGM :No.1019
Master Of Light ('16)【GER】
Master Of Light ('16)
FREEDOM CALL
0 CommentsPosted in 音楽

冬の思い出(モーションコミック)

08 18, 2017
冬の思い出(モーションコミック)

(※Dl site.com へのリンクは、内容が18歳未満閲覧禁止です。クリックにご注意ください。)

http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ205096.html

以前株式会社ポリメディア(天空のハルカ)様で描かせていただいたCG集のモーションコミック化第3弾です。
(第1弾・2弾はこちら
販売元は、同様に「survive」というサークルさん。

相変わらずヌルヌル動くアニメーションで、元が1枚絵とは思えないぐらいの演出・情報量で魅せてくれます。
CG集がお気に入りの方でも、また別のテイストで楽しめるかと思います。

興味のある方は是非どうぞ。
現在発売中ですー。


 ■ 今日のBGM :No.1018
The Earth Embraces Us All ('16)【ITA】
The Earth Embraces Us All ('16)
TEMPERANCE

射精応援【バイノーラル】

08 08, 2017
ボイスドラマサークル『防鯖潤滑剤』様から発行されています、『射精応援【バイノーラル】~チ○ポミルク、空になるまでぴゅっぴゅさせてあげる♪~(※18禁)』のイメージイラストを描かせて頂きました。

射精応援3

【取り扱い先】
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ204804.html
http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_114989/


(※上記リンク先は、全て内容が18歳未満閲覧禁止です。クリックにご注意ください。)

前作前作リメイクと続いた『射精応援』麗奈さんの3作目です。
シナリオは完全新作&バイノーラル録音となっており、ヘッドホンが必須な内容でしょう。
特にバイノーラルの性能を生かしてボソボソと耳打ちするパートは、破壊力と臨場感満点です。

それまではツンデレ気味な態度で搾精をしていたヒロインですが、今作ではやや柔順な雰囲気も入っており、ちょっと優しくなった印象でしょうか。
主人公のプレイのリクエストに応えてくれたり、赤ちゃん言葉で甘やかしてくれたりと、イチャラブ度が増しています。
とはいっても、相変わらずの連続回数ですので、容赦が無いのは一緒です(笑)

応援されたいぐらいお疲れの方、前作がお好きな方は是非どうぞ。
現在発売中です。


 ■ 今日のBGM :No.1017
New Era Pt. 2: War Of The Gods ('07)【ITA】
New Era Pt. 2: War Of The Gods ('07)
DERDIAN

メイドの寸止め射精管理

07 31, 2017
ボイスドラマサークル『ワンダーサプリメント』様から発行されています、『メイドの寸止め射精管理 ご主人様…たくさんイジメてさしあげます♪(※18禁)』のイメージイラストを描かせて頂きました。

メイドの寸止め射精管理

【取り扱い先】
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ204339.html


(※上記リンク先は、全て内容が18歳未満閲覧禁止です。クリックにご注意ください。)

Sっ気のあるメイドさんと、(恐らく年下の)ご主人様のお話です。
優しく真面目な口調とは裏腹にやや毒気のあるメイドさん故にM向けの作品になりますが、
ご主人を可愛がる素振りは、おねショタ作品としても聴けると思います。

とにかく苛めてくるメイドさんですので、オナホや貞操帯を使ったりとご主人をトコトン焦らして(寸止めして)きます(笑)
とはいえ、時には甘々なシチュエーションになり、ソフトな感じの苛め方で聴きやすい内容かなと。
特に深いキャラ設定があるわけではないので、全体としてはストレートな作品なのですが、ご主人様の台詞をメイドさんが代弁して喘ぐシーンがあるのは、割と珍しいかもしれません。

メイドさんが好きな方、興味のある方は、是非どうぞ。
現在発売中です。


 ■ 今日のBGM :No.1015
Cold Silence ('13)【FIN】
Cold Silence ('13)
SNOWFALL

淫語なじゅくじょ03

07 22, 2017
ボイスドラマサークル『KneeDrop.AVD』様から発行されています、『淫語なじゅくじょ03 ~彼女のママに皮あまりチ○ポを小バカにされる~(※18禁)』のイメージイラストを描かせて頂きました。

淫語なじゅくじょ03

【取り扱い先】
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ202586.html


(※上記リンク先は、全て内容が18歳未満閲覧禁止です。クリックにご注意ください。)

付き合っている彼女の母親と、こっそり肉体関係を持ってしまうお話です。

ドロドロした愛憎劇を彷彿とさせる人間関係ですが、決して重い話ではなく、母親が気弱な娘(彼女)とちゃんと付き合えるように主人公を性の知識を実演でレクチャーしていくのが大まかな流れ。
母親自身、己の欲望にも忠実に従いつつ(笑)、主人公をからかって楽しんでいるのですが、根底には娘への深い愛情があり、所々で聴かれる優しさに溢れる言葉にはほっこりさせられます。

また、ヒロインの母親だけでなく娘(彼女)の方も声がついています。
出番は少量ながら、主人公への気持ちが一途な彼女と描かれており、とても癒されます。
そんな彼女に対して罪悪感を感じるところもあるのですが、むしろ「将来母娘丼だなぁ」というイメージが強く、設定上の重さの割には気軽に聴けるのが魅力です。

気になる方は是非どうぞ。
現在発売中ですー。


 ■ 今日のBGM :No.1014
Beyond('14)【GER】
Beyond('14)
FREEDOM CALL
■ HPコンテンツへ
■ Web拍手

    お気に召しましたら、押してやってください。
■ カテゴリー
■ カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ 最近の記事
■ 音楽系
【Last.fm】


【今日のBGM集計】
記事の『今日のBGM』を集計。
■ Twitter

【Twilog】 Twitterの過去ログ

■ TINAMI
■ その他

このHP内の画像(バナー除く)や文章の無断使用、転載を禁じます。
Copyright ©宮居 千 All Rights Reserved.


HPへ戻ります。 ↑ リンクは上記のサイトに。

■ カウンター