2017年のベストアルバム

01 02, 2018
喪中につき、新年のご挨拶は控えさせていただきますが、今年もよろしくどうぞ。

パラダイス・ロスト『メデューサ』【CD(日本盤限定ボーナストラック収録/日本語解説書封入/歌詞対訳付)】
Medusa ('17) / PARADISE LOST


2017年のベストアルバムは、英国出身ゴシックメタルの祖PARADISE LOSTの15作目『Medusa』になります。

90年代初頭にデスメタルとしてデビューし、耽美な要素を取り入れた2nd「Gothic」からゴシックメタルの名が作られたということで有名なバンドです。
その後徐々に音楽性をソフト化させ、1999年の「Host」の時にはギターの音が消えるぐらいに脱メタル化したが、2005年の丁度10作目の「Paradise Lost」でメタルとしての方向性が復活。
それを起点として、変化させてきた音楽性の道をまた戻るように重音化していき、前作「The Plague Within」ではついにデス・ドゥームメタルにまで回帰、そして次はどうなるのかと期待されたのが本作でした。

結果としては、前作で行き着いたデス・ドゥームメタルに、5th「Draconian Times」辺りの耽美で判りやすいメロディを加味してさらに発展させた印象でしょうか。
ニック・ホルムズは3rd「Shades Of God」を例えで出してましたが、個人的には2nd「Gothic」に一番近いイメージ。
回帰したとはいっても初期の焼き直しではなく、それまでのこれまでの長いキャリアの積み重ねがにじみ出ていて、やはりベテランでしか成し得ない作品と思います。
前作がやや淡白な感じで期待の割にはあまりのめり込めなかったこともあり、今作のメロディの良さはとても惹かれるものとなりました。
こんな素晴らしいものを作ってしまって、次作こそどうなるやら(笑)

---

あと次点としては、以下のアルバムになりそうです。

Ambition Rocks ('17) / DA VINCI
Cryptoriana - The Seductiveness Of Decay ('17) / CRADLE OF FILTH
Monumentum ('17) / ECLIPSE
Second Nature ('17) / LIONHEART


昨年はライヴによく行った年で、5本も参戦していました(笑)
その影響で、やはり来日バンドのジャンルを多く聴いていましたね。
とくにクサメタルと言われるメロスピ/メロパワ系や、NWOBHM系(こっちはCDBOX何種か買った影響も)がプチブームでございました。

CDの売上が不振と言われる音楽業界で、どこもライヴでの収益を重視してきた結果と思うのですが、年々来日バンドの数は増え続けているように思われます。
今年もライヴに行く予定が既に数本あるので、メタル業界は色々と賑わいそうです。


 ■ 今日のBGM :No.---
【---】
--- ('--)
ベスト・アルバムがあるためお休み
0 CommentsPosted in 音楽

ドッグイヤーカンパニー音声2作品

12 28, 2017
ボイスドラマサークル『ドッグイヤーカンパニー(旧:どりーむ倶楽部)』様から2本音声作品が発売され、それぞれのイメージイラストを描かせていただいております。

(※リンク先は、全て内容が18歳未満閲覧禁止です。クリックにご注意ください。)

京子先生が教えてあ・げ・る~秘密の補習授業で先生の誘惑に負けてしまった僕~(※18禁)

京子先生が教えてあ・げ・る
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ213529.html

ご注文は私ですか?~初々しい新人メイド詩織の癒され甘々マッサージコース~(※18禁)

ご注文は私ですか?
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ214008.html

どちらの作品も長い副題が付いているので、それだけで雰囲気はつかめるとは思いますが(笑)、
・『京子先生~』の方は、NTR系のややダークな方向の女教師がヒロインの作品
・『ご注文は~』は、メイドカフェの接客による癒し系の作品
になります。

興味のある方は、どうかチェックしてみてください。


 ■ 今日のBGM :No.1025
Straight Between The Eyes ('82)【GBR】
Straight Between The Eyes ('82)
RAINBOW

RHAPSODY 20th Anniversary Farewell Tour

11 11, 2017
Rhapsody

11/9、梅田クラブクアトロで行われました、RHAPSODYのライヴに行ってきました。
バンドデビュの20周年記念ということで、当時中心メンバーだったVoのファビオ・リオーネとGtのルカ・トゥリッリがリユニオンし、初期の楽曲でセットリストを固めたツアーライヴになります。
バンド名に「Of Fire」が付いてないのがまたニクい(笑)

一方で、もうこのメンバーでのリユニオンはこれっきりだろうということか、「Farewell 」という文字も入っています。
また完全なリユニオンではなく、鍵盤のアレックス・スタロポリは不参加。
鍵盤自体代役を立てず、SEとして対応していました。
シンフォニックなバンドゆえに、この辺りはちょっと残念でしたが、最終的には気にならなくなってきた感じです。

以下セットリスト。

01. Epicus Furor
02. Emerald Sword
03. Wisdom Of The King
04. Eternal Glory
05. Beyond The Gates Of Infinity
06. Knightrider Of Doom
07. Wings Of Destiny
08. The Dark Tower Of Abyss
09. Riding The Winds Of Eternity
10. Symphony Of Enchanted Lands
---
11. Drum Solo
12. Land Of Immortals
13. The Wizard's Last Rhymes
14. Bass Solo
15. Dawn Of Victory
---
Encore
16. Rain Of A Thousand Flames
17. Lamesto Eroico
18. Holy Thunderforce

2nd「Symphony Of Enchanted Lands」の全曲を中心として、エメラルド・ソード・サーガ時代の作品からそれぞれ1,2曲ずつのチョイスという内容。
ドラムとベースのソロタイムが設けられて、メインの二人以外にも見せ場がありました。
来日の他の公演も同じような内容だったらしいです。

特筆すべきは、やはりファビオの圧倒的歌唱力
鍵盤不在の物足らなさも帳消しにできるぐらい、圧巻のパフォーマンスで素晴らしかったです。
普段の安定感抜群のメロディラインをなぞる歌い方の他、時にオペラ歌手のような歌唱法にスイッチするのが、また堪らなく格好良いんですよ。
その反面、もう既にバンドにはいない存在というのが、また惜しくて悔しくて、ちょっと複雑な気持ちでしたね・・・。

もう1人のメインであるルカも、とてもアグレッシヴに動き回り、テクニカルにプレイする様子を堪能できました。
ただ、このバンド自体昔からギターの音量が低く、ソロはともかくバッキングはSEや他のパートにかき消され気味で、時に「ちゃんと音出てる?」と勘ぐることも(^-^;
スタジオ盤ならともかく、ライヴだからもうちょっとギター音は前に出てもカッコイイと思うんですけどね。
そういうサウンドバランスの方が好みなんでしょうね。

ドラムとベースの二人も元はRHAPSODY OF FIREのメンバーで、ソロパートではかなりテクニカルな面を出していて格好よかったです。
ギターはもう1人いて、ライヴ用のサポートメンバーでしたが、お客に名前を覚えられてる辺り、長年ROFでおなじみの方っぽいですね。

そういや、ルカが「PS4派かXBOX ONE派」かといった感じの話題をトークで出して、ファビオが「ドリームキャスト」と言ってたのが最高に面白かったです(笑)
数々のフォロワーを生み出した神掛かったロックスターも、根はやはりオタクっぽいんだなと思わずにはいられませんでした(笑)

実はライヴ行く前まであまり気乗りがせず、どうしようかと思っていたのですが、実際に見に行ったら楽しくて楽しくて。
Farewellということで、もう最後かもしれない機会を逃さず、見に行ってよかったと思います。
2000年代初頭辺りの、RHAPSODYにハマっていた時の気持ちを思い出しながら、大いに堪能できたライヴでした。
できれば、「さよなら」なんて言わず、またこのメンバーで復活して欲しいところです。


 ■ 今日のBGM :No.1023
King Of The Nordic Twilight ('99)【ITA】
King Of The Nordic Twilight ('99)
LUCA TURILLI
0 CommentsPosted in 音楽

エッチなリハビリ、しよっ!

10 13, 2017
ボイスドラマサークル『どりーむ倶楽部』様から発行されています、『エッチなリハビリ、しよっ!~記憶喪失を治すお姉さんとのイチャラブ生活~(※18禁)』のイメージイラストを描かせて頂きました。

エッチなリハビリしよっ

【取り扱い先】
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ208986.html


(※上記リンク先は、全て内容が18歳未満閲覧禁止です。クリックにご注意ください。)

主人公は事故で頭を打ってしまって、近年の記憶が抜け落ちてしまっている青年(少年?)で、入院している病院に勤めている看護婦さんがヒロイン。
二人は前々から恋人としての付き合いがある関係で、無くした記憶を取り戻そうと一緒に暮らしたり、身体を重ねたりとリハビリをする日々が描かれます。
冷静に考えると結構深刻な状況でもあるのですが、ヒロインのはきはきした可愛らしい声も手伝って、重々しい雰囲気はほとんど感じません。
ポジティブな行動で主人公を導くヒロインの一途さには、むしろ感心するレベルです。

とまぁ、少々硬い紹介になりましたが、本質的にはイチャラブおねショタ作品ですので、こういう設定は頭の片隅に置いといて、気軽に楽しむのが吉かなぁと思います。
献身的なえっちなリハビリの結果、失った主人公の記憶はどうなるのか、見届けて(聴き届けて?)みてください。

気になる方は是非どうぞ。
現在発売中ですー。


 ■ 今日のBGM :No.1022
7('14)【GBR】
7('14)
SEVEN

音声作品2本

10 01, 2017
ブログを書く時間がなかなか取れず告知が遅れましたが、イメージ絵を描かせていただきました音声作品が2本発売になっています。
気になる方は、チェックしてみてください。
(※2本とも18禁作品ですので、クリック注意です。)

○『淫語なもんすたー娘04 ~異種姦チ○ポ奉仕、ミノタウロスに~』 / KneeDrop.AVD

もんすたー娘04

主人公は元人間のミノタウロスという設定のファンタジー作品です。
異世界へ転生された際に何故かミノタウロスの姿になっており、人間を求めて集落に行ってみたところで物語が分かれます。
「人間に捕まるか、別モンスターと一緒に逃げるか」
前者のルートでは変わった性癖の人間のヒロインが、後者のルートではモンスターのスライム娘がヒロインとなり、相手を務めます。
どっちを選んでもHができるご都合主義なので、好きな方を主流の物語として選ぶことができます。

外見がミノタウロスゆえに図体がデカいことがポイント。
特に体型を自在に変えるスライム娘が相手だと、かなり想像力を要する内容です(笑)
一風変わったHシーンを楽しみたい人は是非どうぞ。

http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ208295.html


○『ちょっぴりいじわるな近所のおねえちゃん』 / シコらnight

いじわるな近所のおねえちゃん

こちらは作品サンプルがないので具体的なことは書けないのですが、タイトルやイラストから受ける印象そのままの作品です(笑)
お姉ちゃん上位のおねショタもので、本番がないのでライトな印象。
トラック数自体は少ないものの、1つの尺が長いのでジックリ楽しむのにも向いてそうです。

珍しくキャラデザ前に声優さんの声を聴けて、そこからデザインを起していったので、キャラの外見的な満足度は高いです。
おねショタが好きな人は聴いてみてくださいね。

http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ208884.html


 ■ 今日のBGM :No.1021
Skyscraper('88)【USA】
Skyscraper('88)
DAVID LEE ROTH
■ HPコンテンツへ
■ 最近の記事
■ カテゴリー
■ カレンダー
01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
■ 音楽系
【Last.fm】


【今日のBGM集計】
記事の『今日のBGM』を集計。
■ Twitter

【Twilog】 Twitterの過去ログ

■ TINAMI
■ その他

このHP内の画像(バナー除く)や文章の無断使用、転載を禁じます。
Copyright ©宮居 千 All Rights Reserved.


HPへ戻ります。 ↑ リンクは上記のサイトに。

■ カウンター