THE CROWN Japan Tour 2018

09 13, 2018
THECROWN

9/12(水)、大阪心斎橋のFAN J Twiceで行われました「THE CROWN Japan Tour 2018」に行ってきました。

平日だったからか、あまり周到されていなかったのか、開場時のお客数が少なく、チケット取るのが遅れたと思ってたのが入場5番目。
一昨年行ったTHE DUSKFALLの時と同様な状態で、バンドやプロモーターには申し訳ないけど、最前列で観ることができたのは想定外でした。
前座が始まった頃には30人ぐらい、最終的には100人ぐらいでしょうか。
海外のマイナーなバンドとはいえ、もうちょっと客が来るものだと思ってたけどなぁ・・・。

PRIMITIVE
前座1。デスメタルらしかぬ短髪で清潔感のあるメンバーが何人かいたのが第一印象。
テクニカルな割に聴きやすそうな感じではあったけど、ギターの音が小さくて聴き取りづらく、あまりバンドとしての魅力を感じ取るにまではいかなかったかな。

DESCENT
前座2。前バンドよりはリズム隊を中心としてアグレッシヴな演奏ではあったのですが、一聴では曲の展開が判りづらく、掴みどころがよくわかりませんでした。
ただ、ドラムの人がウィル・スミスの描かれた凄まじくダサいランニングシャツを着ていて、そればかりが気になったこと、あとヴォーカルがマイクパフォーマンスの経験が少ないか、はたまた落ち着かないのか、やたらと左右にウロチョロしてたイメージが強い(^^;

ORIGIN
ここからが本番で、重量級な殺傷力が一気に増す。
THE CROWN名目のツアーですが、このORIGINとのカップリングの意味合いが強いです。

テクニカルなブルータル・デスメタルですが、全てのパートが鬼のような存在感を持ち、テクニカルという言葉が安っぽく感じるほど、意味不明な動きで演奏していました。
このバンドはアルバム1枚しか聴いたことがなく、どこが良いといえるほどの知識はなかったですが、アルバム聴いた際に感じた轟音の中にもフックやメロディといったものがあり、それをライヴでも感じ取ることができました。

あとヴォーカルの人が物凄い圧力でして、それでいてモッシュとかを強要してくるあたりが鬼かと思いました(笑)
ライヴパフォーマンスとしては、ベテランらしく本当に圧巻の一言。

THE CROWN
本日のトリで、もちろんこのバンドが一番の目当て。
デスラッシュにロックンロールの要素を取り入れた「Death & Roll」が身の上の暴走バンド。
大好きなバンドで、「Crowned In Terror」で知って16年、ようやく生で観ることができました。

以下セトリ。

01. Destroyed By Madness
02. Iron Crown
03. Blitzkrieg Witchcraft
04. At The End
05. We Avenge!
06. Iblis Bane
07. Cold Is The Grave
08. In The Name Of Death
09. Crowned In Terror
10. Cobra Speed Venom
11. Deathexplosion
12. World War Machine
13. Angels Die

Encore
14. Total Satan

最新作のツアーなので、新譜からの選曲が多め。
それは仕方がないのですが、他の作品からの選曲がちょっと物足らない感じですかね。
名曲が多いバンドで、山ほどやってほしい曲はあったけど、多くがスルーされてしまったのは残念。
そんな中、「Iblis Bane」「Angels Die」といった予想していなかった選曲にちょっと驚きました。

ライブ自体は盛り上がりはすさまじく、すごく楽しかったです。
客が暴れまくって大変でしたが・・・(;´Д`)
次観る時は、難しいかもしれませんが是非ワンマン、もしくは前座1つぐらいで。
しっかりとした尺のライヴで楽しませてほしいですね。


 ■ 今日のBGM :No.1046
Cobra Speed Venom ('18)【SWE】
Cobra Speed Venom ('18)
THE CROWN
0 CommentsPosted in 音楽

台風21号

09 08, 2018
今年の9月4日に大阪に上陸した台風21号。
各地に甚大な被害を残しましたが、私の住んでいるマンションや地域も影響を受け、停電と断水、そしてベランダの柵が暴風でなぎ倒され、ベランダ部分が半壊となりました。

停電はマンションだけでなく地域単位で起こり、対面のマンションや信号、街灯も消えているので、夜になるとゴーストタウンのような状態に。
断水は停電による二次被害みたいなもので、マンションのポンプの管理を電気で行っていたため、電気が止まると水道も止まるというマンションの仕様でした。

停電と断水状態が2日ほど続き、6日の夜中3時ぐらいに復旧した時には本当に安堵したものです。
(まぁ、TVをつけて最初に目にしたニュースが北海道の大地震で唖然としたわけですが・・・。)
関電や消防など、生活のインフラを支える方々の迅速な対応には、感謝しきれません。

当たり前のようにある電気がないと無茶苦茶不便というのを嫌というほど実感しました。
上記の水道が止まるのを筆頭に、立体駐車場も電気で動くので車が使えない、ガスは通っていましたが、水と電気がないのでお風呂も沸かせない、など色んな問題が浮き彫りに。
せめて水道と駐車場は、災害時に限ってはマニュアルや別動力でも動かせるようにしておかないと、これ以上の長期となるとちょっとヤバいなと思いました。

今回の台風襲来の前に危機を察し、携帯電話やタブレット、ゲーム機などを一式充電しておいたのはとても良かったです。
お風呂に水が溜まっていたのも結果的に助かりました。
冷蔵庫も開かなければ、半日~1日ぐらいは冷凍食品ももつ、ということもわかりました。
大変な状態でしたが、得るものも多かったと思います。
こういうのは実際に体験してみないと判らないものですから。

復旧後、すぐにモバイルバッテリーを通販で注文しました。
あと、ランタン型の非常灯やポケットWifiとかも欲しいですね。

私の住んでいる地域は「比較的自然災害が少ない」と思っていましたが、6月の時の地震といい、考えを改めざるを得ません。
近年の各地で連発する大規模自然災害を見て、日本には安全な地域なんてないんだなぁと痛感する次第です。


 ■ 今日のBGM :No.1044
Love At First Sting ('84)【GER】
Love At First Sting ('84)
SCORPIONS
0 CommentsPosted in 雑記

大阪北部地震

06 22, 2018
6月18日の朝に大阪で最大震度6弱の大きな地震がありました。

震源地は、阪急高槻駅~摂津富田駅の近くの断層らしい。
そこから隣の市に住んでる私のマンションも結構揺れまして(震度5強ぐらいあったとか)、棚のモノが落ちてきたりして部屋が荒れる程度の被害を受けました。
運よく怪我などはなく、ライフラインも止まることはなかったのですが、折角新しいPCを買って片づけたばかりの部屋がまた散らかる羽目に・・・(;´Д`)

揺れている時はベッドで寝ている時で、大きな揺れにビックリして飛び起きました。
30秒程度の揺れでしたが、大きく揺れて隣の部屋から何かが落ちたり割れる音がしたりと、否応なしに「阪神淡路大震災の再来か」とか「ついに南海トラフ地震が来たか」とかって考えが。
そして揺れの後から来たけたたましい緊急地震速報。
いきなり訪れた非日常の出来事は、本当に恐ろしかったです。
個人的に、阪神淡路大震災よりも瞬間的な揺れの強さは今回の方が大きかったような印象です。
(阪神淡路大震災の時はもっと長く、横揺れとしてスイングする幅が大きかったような記憶が。)

後でわかったことでしたが、大阪で震度6弱の揺れは観測史上なく、今回が初めてだとか。
そして南海トラフ地震とは無関係と。

残念ながらブロック塀の下敷きになったりと何人かの犠牲者が出てしまいましたが、この規模の災害を考えれば、全壊した家もあまりなく、火災も極一部でしかない結果は、かなり阪神淡路大震災の教訓が生かされていたんだなぁと感じざるを得ません。
緊急地震速報の精度や通勤時の判断など、非常時に対する課題はまだまだ残りますけどね。

まだしばらく余震に備える必要はありますけど、本当に無事でよかったと思います。


 ■ 今日のBGM :No.1041
Rekreatur ('10)【GER】
Rekreatur ('10)
EQUILIBRIUM
0 CommentsPosted in 雑記

MACALPINE / MOORE Japan Tour2018

06 09, 2018
MACALPINE / MOORE

5/31(木)梅田クラブクアトロで行われました、トニー・マカパインとヴィニー・ムーアのカップリング・ツアーに参戦してきました。
80年代前半、イングヴェイの登場以降に沢山技巧派ギタリストを世に送り出した「シュラプネル・レコーズ」の代表格二人が一度に見られる機会、ということで即刻チケットをゲット。
何気に全編ギターインストのライヴは初めてでした。

持ち時間はヴィニーとトニーそれぞれ1時間ずつぐらいでしたが、散発的にお互いがゲスト出演する楽しい展開で、終始楽しい雰囲気でした。
なお、リズム隊のベースとドラムは共通であり、おかげでステージの切り替えも時間をほとんど要さず、スムーズに進みましたが・・・、2時間出ずっぱりで実にご苦労様です(笑)
技巧派を支えるだけあって、リズム隊二人もとんでもないテクニックでした。

VINNIE MOORE

01. Riding High
02. Check It Out!
03. Hero Without Honor
04. Rain [With Tony MacAlpine]
05. The Maze [With Tony MacAlpine]
06. Faith
07. Lifeforce
08. Morning Star [With Tony MacAlpine]
09. Daydream [With Tony MacAlpine]
10. Meltdown

一重に技巧派といっても様々で、ヴィニー・ムーアの場合は機械的ともいえる正確さと感情的なプレイのコントラストが魅力であり、それはライヴでも遺憾なく発揮されていたと思います。
音質としても、ヴィニーの方がクリアで聴きやすく、好みでしたね。
結構顔を歪ませながら、気持ちよさそうにギターを弾く人で、人としてのイメージもグンとアップ。

セットリストとしては、キャリアの集大成、ベスト・ヒットの選曲ということらしい。
ただ、手持ちのCDが1stと2ndしかなくて、そこからの選曲はいくつかあったものの、やはり知らない曲の方が多かったのが勉強不足でございました(^^;
もっとCD集めたいところです。

途中、トニーが何曲かギターと鍵盤で参加するも、機材トラブル気味なのか鍵盤が聴こえづらいことが多くて、ちょっと残念。


TONY MACALPINE

01. Autumn Lords
02. Hundreds Of Thousands
03. Tears Of Sahara [With Vinnie Moore]
04. Key To The City
05. The Time And The Test
06. Drums Solo
07. Kings Cup [With Vinnie Moore]
08. Sacred Wonder
09. The Vision [With Vinnie Moore]
10. Dreamscape
11. Porcelain Doll

12. Death Of Roses
13. Stream Dream
14. Square Circles [With Vinnie Moore]
15. Concrete Gardens
16. Frankenstein [With Vinnie Moore]

ギタリストであり、キーボーディストでもあるトニー・マカパイン。
それぞれテクニカルなプレイを披露するだけでなく、右手で鍵盤、左手でギターのフレットを同時に弾くという大道芸みたいなことをやってのけていて、本当にどうなってるのと(笑)
クールに弾きこなす姿勢と原曲からメロディラインを少し突発的にアレンジしてプレイするのが特徴で、その辺りがヴィニーとは対称的なのが何だか面白いです。
特に触れなかったものの、何年か前に癌を発病して、そこからの回復を大きくアピールしていた印象でした。

セットリストの11曲目まで(6曲目のドラムソロを除いて)が傑作2nd「Maximum Security」の再現であり、それ以降は他の作品からの選曲という構成でしたが、ラストの曲だけは分からない・・・。
やるだろうと思っていた1st「Edge Of Insanity」からの選曲がなかったのは残念。
個人的に大好きな#7「Kings Cup」でヴィニーとツインギターなったところが一番のハイライト。
「Maximum Security」の最後の方はギターも鍵盤もせわしなく弾き倒し、圧巻の展開でした。

ヴィニーに比べてやや籠り気味のギターの音質でしたが、その辺り「Maximum Security」の音質を意識していたのかもしれない。

ヴィニーがちょくちょく乱入して巧なギターソロを弾いては、速攻ステージから消えていくのが何だか面白かったです(笑)
メインであるギター二人の音量が前に出まくっているため、とにかくどのシーンも掛け合いが凄まじいの一言。
ここまでギターを堪能できたライヴって今までなかったかもしれません。
アンコールは無かったけど、もう満足でお腹いっぱいでした(笑)

---

ちなみに、ライヴの5日前にPCが不調で立ち上がらなくなり、当日は復旧作業中の時期でして、気持ちとしては複雑な状況での参加でしたが、いい気分転換となりました。
(なおPCは復旧したものの、不安定なシステムでの作業を避けるため、結局PCは新調しました)
そういう意味でも、行って本当によかったライヴでございました。


 ■ 今日のBGM :No.1039
Death Of Roses ('17)【USA】
Death Of Roses ('17)
TONY MACALPINE
0 CommentsPosted in 音楽

Pixiv FANBOX開設

05 07, 2018
pixiv Fanbox

https://www.pixiv.net/fanbox/creator/135200

Pixiv FANBOXを開設いたしました。

Pixivで以前からあったサービスなのですが、それまでプレミアム会員のみだったものが一般会員でも開設可能となり、ちょっとしたムーブメントとなったので流行に乗る形で開設してみました。

端的に言えば、「クリエイターに直接支援が出来るサービス」となります。
(利用にはPixivのアカウントが必要かもしれません。)
「月額○○円」といった具合にプランを設定ができ、使い方次第では、上手くコミュニケーション・ツールとしても使えるのではないかと期待はしています。

まだ特典等の内容を決めかねている状態ですが、ひとまず月額「100円」「300円」といった少額で、様子見も兼ねて始めています。
よろしければ、ご支援いただけますと幸いです。


 ■ 今日のBGM :No.1037
Linoleum ('09)【SWE】
Linoleum ('09)
PAIN OF SALVATION
■ HPコンテンツへ
■ 最近の記事
■ カテゴリー
■ カレンダー
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
■ 音楽系
【Last.fm】


【今日のBGM集計】
記事の『今日のBGM』を集計。
■ Twitter

【Twilog】 Twitterの過去ログ

■ その他

このHP内の画像(バナー除く)や文章の無断使用、転載を禁じます。
Copyright ©宮居 千 All Rights Reserved.


HPへ戻ります。 ↑ リンクは上記のサイトに。

■ カウンター