KORPIKLAANI JAPAN TOUR 2020

03 06, 2020
KORPIKLAANI JAPAN TOUR 2020

2/29に大阪amHallで行われました、KORPIKLAANIのジャパンツアーライヴに行ってきました。
3バンド+サポート1バンドの計4バンド見られるということで、お得なライヴでした。

コロナウィルスの影響で中止や延期が懸念されましたが、開催に踏み切ってくれてよかったです。
コルピのこのツイートがどれだけ勇気を与えてくれたか(笑)



マスク着用推奨や消毒液の用意など、スタッフの皆さんや観客も衛生面では十分に気を配っており、普段とはちょっと違う緊張感がありました。


ILLUSION FORCE
今回のサポートの日本のメロスピバンドで、初の視聴。
Voが韓国人でBaが米国人らしく、厳密には多国籍バンドになるっぽい。
フックのある演奏とハイトーンを駆使するVoが印象深く、サポートながら一番ハイトーンが出てましたね。
アナウンスで今回の開催にこぎつけた事、事前にコルピのバズったツイート(笑)などを含みつつ、会場を温めるのには十分な活躍をみせていました。

SKILTRON
バグパイプを含む編成が特徴のアルゼンチンのフォークメタルバンドで、こちらも初の視聴。
基本的な音楽性は、HELLOWEENとかGAMMA RAYタイプのメロパワが根っこにある感じで、そこにバグパイプの演奏が絡みつく。
Voもラルフ・シーパースっぽい印象でしたね。
ちなみに衣装がみんな民族衣装のスカートで、おっさんのパンチラしそうでヒヤヒヤ(笑)
演奏自体は恰好よかったです。

SKYCLAD
フォークメタルの元祖的なイギリスのベテランバンド。
結成30年ぐらいの歴史あるバンドですが来日公演はこれまでなく、今回が初となります。
初来日公演の一発目を見られて嬉しい。

01. Earth Mother, the Sun and the Furious Host
02. Spinning Jenny
03. Change Is Coming
04. Another Fine Mess
05. The Widdershins Jig
06. The Parliament of Fools
07. Great Blow for a Day Job
08. Penny Dreadful
09. Anotherdrinkingsong
10. Inequality Street

意外と新譜からのチョイスは1曲と少なめ。
SKYCLADのスタジオアルバム作はどこか地味なイメージを持っていたのですが、ライヴを体験してみるとそのイメージは一気に払拭されました。
リズム隊を中心に強靭さが際立っていた演奏は、スタジオ作よりも数倍格好良かったと思います。
縦に横に大柄な人が多いので(笑)、狭いステージでの演奏はちょいと窮屈そうな印象もありましたが、個人的に今回のライヴのMVPとしたいですね。


KORPIKLAANI
トリの森の妖精こと、KORPIKLAANI。
2000年代前半、ここ日本にフォークメタルのビッグウェーブを吹かせた第一人者でありましょう。
メンバー1人1人がどこかレジャー施設のキャストかと思うぐらい見た目が個性的で、サーカスの一団が来たかのよう(笑)
ホールの仕様かVoの声がやや聴きとりづらかったのが残念なポイントでしたが、自分たちのキャラクターを完璧に把握したショーは面白く、陽気で楽しいライヴだったと思います。

01. Hunting Song
02. Sahti
03. Juomamaa
04. A Man With a Plan
05. Ievan Polkka
06. Happy Little Boozer
07. Kallon malja
08. Harmaja
09. Old Tale
10. Fields in Flames
11. Aallon Alla
12. Kylästä keväinen kehto
13. Kotikonnut
14. Henkselipoika
15. Lempo
16. Pilli on pajusta tehty
17. Jägermeister
18. Wooden Pints
19. Beer Beer
20. Vodka

上記は東京公演のセトリなので、大筋は同じながら大阪はちょっと違うかもしれません。
クールダウンとはっちゃける曲のバランスをとりながら、ラスト3曲で一番盛り上げる構成でした。
初音ミクでも有名なIevan Polkkaをやってくれたのは嬉しかった(笑)
新譜からは4曲ほどやりましたけど、少し間延びする曲もあったので、1曲ぐらい減らしてもよかったかもしれない。

ここまでで4バンド、どれも個性的なものを持っていて楽しいショーでした。
イベントの中止・延期が相次ぐ中、ライヴを断行してくれたスタッフの皆さんには、本当に感謝したいところです。
この内容が中止されてたと思うと、とても悔やまれたでしょうね。


 ■ 今日のBGM :No.1083
【FIN】
Kulkija ('18)
KORPIKLAANI
0 CommentsPosted in 音楽

2019年ベストアルバム

01 05, 2020

Cruelty And The Beast - Re-Mistressed ('19) / CRADLE OF FILTH


2019年のベストアルバムは、CRADLE OF FILTHの「Cruelty And The Beast」のリメイク&リマスター作品としました。
原盤は1998年と20年前の作品なので、ベストアルバムとするにはちょっと反則かもしれませんが、それだけリミックスの内容が素晴らしかったということで。

原盤については、吸血鬼のモデルとも言われる「エリザベート・バートリー」をテーマしたコンセプト作品です。
しかし、テーマ自体は好きなものの音質が微妙であり、とにかくペラペラな音質とスカスカなドラムがとても残念な作品でもありました。
「いつかリマスターされるか、再録されたらいいなぁ」と長年思い続けていたところ、2018年についに発売20周年を記念してリミックスの発売が決定。
歓喜したものの、利権の問題で発売が延び、2019年にようやく発売と相成りました。

肝心のリミックス具合はと言いますと、スカスカで固い感じのドラムが厚みと迫力が増して改善され、鍵盤・シンセの存在感が増すようになった結果、映画的な演出が非常に強化された印象です。
それによって一気に聴きやすくなり、作品への没入感が凄いことに。

正直、同バンドの中でも中堅ぐらいの評価だった作品が、このリミックスで最高傑作を競うぐらいまで順位を一気に上げてきて、自分でも驚いています(笑)
リミックス・リマスターでここまで変わるのかと。
ポテンシャルを120%引き出したリミックスは、もはや原盤とは別物な内容とすら思えます。

ただ、これに伴うアルバム再現ツアーに日本が含まれておらず、来日公演がないのが唯一の残念点。
以前の来日公演があまり売れ行きが良くなかったのかもしれない・・・。

---

時点の作品としては、
Berserker (’19) / AMON AMARTH
Songs The Night Sings (’19) / THE DARK ELEMENT
Zenith (’19) / ENFOECER


辺りでしょうか。
あまりCD聴いてない印象だったもので、残り2か月で色々詰め込みすぎた感もありましたが、結果的に昨年よりも沢山聴いた年となりました。

ちなみに今年の正月早々、某大御所シンガーが危篤であるとのフェイク・ニュースが流れまして、メタルとしては不穏な年始めとなりました。
昨年トニー・ミルズが亡くなり、ロニー・アトキンスやデイヴ・ムステイン大佐が癌を患うなど、ベテラン勢による健康問題が心配される昨今、「ライヴで観たいアーティストは、観られるうちに観ておくべきだなぁ」という考えが深まるばかりです。


 ■ 今日のBGM :No.---
【---】
--- ('--)
ベスト・アルバムがあるためお休み
0 CommentsPosted in 音楽

OPETH「In Cauda Venenum Tour in Japan 2019」

12 08, 2019
OPETH

12/5(木)梅田クラブクアトロで行われましたOPETHの来日公演に行ってきました。
会場に行って、列に並ぶまで指定席だったことをすっかり忘れておりまして、スタンディングとばかり思っていました(笑)
もうちょっとゆっくり家を出ても大丈夫だったかもしれません。

以下、セットリストです。

01. Livets trädgård
02. Svekets prins
03. The Leper Affinity
04. Hjärtat vet vad handen gör
05. Reverie/Harlequin Forest
06. Nepenthe
07. Moon Above, Sun Below
08. Hope Leaves
09. The Lotus Eater
10. Allting tar slut

Encore
11. Sorceress
12. Deliverance

新譜からは3曲、残りは5th以降から満遍なく、といった選曲でしょうか。
ちなみに新譜は英語とスウェーデン語の2種類あるのですが、どっちを歌ったのかはちょっと不明。
(上記曲名はスウェーデン語になってますが)
セットリスト自体は、大体各国共通のようです。

いやぁ、凄い音空間でした。
この鬼のようなテクニックから繰り出される幽玄な世界は、ライヴならではの体験だと思いました。
アルバムだと「Heritage」前後で結構イメージに隔たりがあったけども、ライヴだとちゃんと統一感があったのが印象的。
デスメタルのブルータルさも幾分柔らかくなっている印象で、また近年のプログレも逆にアルバムよりもヘヴィな演奏で聴かせている感じで、その辺りでバランスをとっているのかもしれません。

そして、緊迫感ある演奏とは裏腹に、ミカエル・オーカフェルトの軽快なトーク(笑)
実は機材トラブルもちょっとあったのですが、ミカエルのウィットに飛んだジョークとトークで事なきを得てました。
噂では聞いていましたが、本当にジョーダン言うの好きなんですね。

OPETHも長年ライヴを観てみたかったバンドで、ようやく叶ってよかったです。
やってほしい曲とかはいっぱいあったけども、贅沢は言っていられないですね。
また素晴らしいアルバムを引っ提げて、日本に来てほしいと思います。


 ■ 今日のBGM :No.1079
【SWE】
In Cauda Venenum ('19)
OPETH
0 CommentsPosted in 音楽

THE WILDHEARTS「THE RENAISSANCE JAPAN TOUR 2019」

07 01, 2019
ライヴハウスGABU

6/30(日)、THE WILDHEARTSの「THE RENAISSANCE JAPAN TOUR 2019」の大阪公演に行ってきました。

当日はあいにくの雨・・・と予想してたのですが丁度うまい具合に晴れ、行きも帰りも雨には合わずにすみました。

会場は十三にある「ライヴハウスGABU」。
商業施設の4階にある初めて行った箱でしたが、年季の入った建物とは裏腹に割と綺麗なところで、ステージが大きめで良い感じかなと思いました。
キャパシティとしては、梅田のクラブクアトロぐらいかな。

冷血ブリザード

今回のサポートで、日本のパンクバンド。
見た目はパンクとビジュアル系(ボンテージ)の中間みたいな感じですが、演奏自体にはパンクを基本としながらもMOTORHEADのような疾走感やハードコア、グラインドコアのような畳みかける展開もあってなかなかに格好良い。
キャラクターとしては楽しく、大阪出身ということもあってで親しみやすさもあるものの、長くて下品なメンバー紹介はちょっとお寒く、名前通りかなとも思いました(笑)

---

THE WILDHEARTS

バンドのライヴとしては3年ぶり、前回ライヴ以降に復帰したベースのダニーは20年ぶりぐらいのお目見えです。

ダニーは近年病気で片足を切断しており、昨年来日の際には椅子に座って演奏していたらしい。
なので今回はどうなるかと思っていましたが、椅子で偶に休憩しつつも以前のように立って演奏していました。
ただ、動き回ることはあまり出来ないようで、ほぼ直立不動な状態(コーラスは担当してました)。
その影響かちょっと肉が付いた印象だったのですが(^^;、チャーミングな笑顔は昔のままだったなと。

以下セットリスト。

01. Dislocated
02. Everlone
03. Vanilla Radio
04. Suckerpunch
05. Sick Of Drugs
06. The Revolution Will Be Televised
07. Top Of The World
08. The Jackson Whites
09. Let Em Go
10. Urge
11. Caffeine Bomb
12. Stormy In the North, Karma In The South
13. Diagnosis
14. Love U Til I Don't

Encore
15. My Baby Is A Headfuck
16. Someone That Won't Let Me Go
17. You Took The Sunshine From New York
18. Mazel Tov Cocktail
19. TV Tan
20. I Wanna Go Where The People Go

10年ぶりの新譜からは3曲程度、残りは旧譜からの選曲になりますが、やはり1stからが一番多い。
前回はアルバム再現がメインでしたが、通常のセトリだとこの辺りは昔から変わらずですね。
「Everlone」「Suckerpunch」「Caffeube Bomb」といった昔からのキラーチューンはやはり大盛り上がり、モッシュピット発生(笑)
新譜の曲もライヴ受けする曲ばかりでよかったと思います。

あと個人的にラストに「I Wanna ~」でシメたのもよかった。
前回の1曲目で終わるという良い構成を感じました。

今回で3回目のライヴでしたが、初めて「ジンジャーが切れそうかどうかでヒヤヒヤすること」なく、安心して見られた気がします(笑)
(初回は機材故障で機嫌が悪く、前回はマイクスタンドのバランスが悪くてよく倒れた)
メンバーも結構年齢を重ねて性格も丸くなってきたということなのでしょうけど・・・。
今のクラシックメンバーがそろっている状態が好きなので、末永く続いて欲しいとは思います。
そしてまたコンスタントにアルバム出してほしいですね。

(追記:7/6)
後で知ったことでしたが、当日機材が届かず、急遽別の楽器を購入して挑んだらしい。
そして後の東京公演では、日本のプロモーターの人間とステージ上で一悶着あり、公演中止スレスレの状態になったとか。

ジンジャー自身、ヘルニアを患ってドクターストップ状態でツアーを慣行していたみたいです。
初日の大阪では何ともないようには見えてたんですが、最終日にはかなり悪化、40分押しで会場入りしたものの、プロモーターからは「今日のショーをキャンセルすれば、バンドは日本で二度とライヴできない」とのことを言われたらしく、その事をステージ上で暴言とともに非難した途端、プロモーター側が注意をしに来て殴り合いに発展し会場が騒然。
一度引っ込んだものの、さらに20分待ち、ようやく開演となったらしいです。

トラブルが付きものなバンドですが、今回は正直気の毒なところはあります。
暴言吐くのも問題はあるかもですが、ジンジャーの言った通りならプロモーター側もそんなパワハラめいたことはせず、アーティストの体調を第一に考えて対応するべきよね。
ちゃんと意思疎通が出来てなかったのかもしれないですけど・・・。
ジンジャーの容態と再来日できるかが気がかりですね・・・。


 ■ 今日のBGM :No.1068
【GBR】
Renaissane Men ('19)
THE WILDHEARTS
0 CommentsPosted in 音楽

Metal Female Voices Fest Japan 2019

04 23, 2019
MFVF

4/20(土)梅田のamHALLで行われました「Metal Female Voices Fest ~Japan 2019~」に参加してきました。
タイトルの通り、女性ヴォーカルをフロントマンに迎えたバンドによるメタルフェスで、ベルギーが本元らしい。
それを日本でも開催してもらえたイベンターの人にはまず感謝しなくてはいけません。

全6バンドが参加して、その内半分が男女混声ヴォーカル。
メインアクト以外は全く知らず、事前にYoutubeで動画をチェックした程度での参戦でした。

ホールの設備のせいか、全体的にヴォーカルが聴こえづらい感じであったのはちょっと残念。

RAKSHASA
日本のオープニングサポートその1。
雅な雰囲気ということでは陰陽座辺りを思い起こさせるものの、もう少しメロスピ/シンフォニック寄りな印象。
粗さはあるが、親しみやすそうなのは好印象でした。

ANCIENT MYTH
日本のオープニングサポートその2。
ビジュアル系的な風貌(フロントVoがボンテージ、演奏隊が学ランみたい)で、京都出身らしい。
オペラチックで耽美な方向性ながら、演奏に関しては時折CRADLE OF FILTHやIRON MAIDENのようなアグレッシヴなパートがあって格好良かったです。

SAILING TO NOWHERE
ここからが本番。
イタリアのメロスピ/プログレメタルで、この手のジャンルで男女混声Voなのは割と珍しいのでは。
バンド名からヴァイキングがモチーフなのか、井手達や小道具にそれが表れている感じでした。

とにかく女性Voのセクシーな海賊衣装と男性Voの陽気なパフォーマンスで、キャッチーな演奏と共に終始楽しげな雰囲気でした。
あと、リードギターがかなり若い見た目で、もしかしたら10代だったのかも。

EVIG NATT
ノルウェーのゴシックメタルで、こちらも男女混声Vo。
今回出場のバンドの中では、最も正統派なゴシックメタル寄りではあるけど、時折ブラックメタル的な展開になったりといった面白みも。

男性Voが派手に動き回ってパフォーマンスするものの、ゴシックメタル独特のダウナー感覚とのアンバランスさに当初はどう対処したらいいのかわからず、慣れるまでに時間がかかったりしました(笑)
あとデス声オンリーと思ってた男性Voがいきなりちゃんとデュエットし始めた時は、「普通に歌えるじゃん!」って心の中でツッコミいれました。

VUUR
メインアクトその1で、個人的な一番の目当て。
オランダの元THE GATHERINGのVo、アネク・ヴァン・ガースバーゲン率いるプログレメタル。
セトリは以下の通り。

01. Time - Rotterdam
02. On Most Surfaces (THE GATHERING)
03. My Champion - Berlin
04. The Storm (THE GENTLE STORM)
05. Days Go By - London
06. Your Glorious Light Will Shine - Helsinki
07. Strange Machines (THE GATHERING)

VUUR自体はアルバム1枚しか発表していないため、「THE GATHERINGの曲とかもやってくれないかな・・・。」と淡い期待は持ってましたが、まさか本当にやってくれるとは・・・(しかも2曲)(笑)
その他プロジェクト(こちらは未チェックでした)の曲もやってくれて本当に大興奮でした。
アルバムが増えてくるときっとバンドの音楽以外はやる機会は減ってくるでしょうから、今の時点で観ることができてよかったと思います。
でも、まだまだ聴きたい曲はあったのでもっと観たかった・・・。

音の重みといったプロダクションの面でも一番良かったかも。
ヴォーカルの声が聴こえづらいような環境の中でも、突き抜けてくるような凄さを感じ取ることができたアネク姉さんの声は神懸っていたと思います。
意外と可愛らしいステージパフォーマンスも相成って、ますますアネク姉さんが好きになりました。

LEAVES' EYES
メインアクトその2で、ラストのトリで、ドイツのゴシック/ヴァイキングメタル。
前任のカリスマ女性Voであるリヴ・クリスティンがいなくなり、その夫であった男性Voのアレクサンダー・クルルと新女性Voの新体制となったことが注目でした。

当初は夫のアレクがリヴの為に作られたバンドで、土着的な風味はあるもののしっとりしたゴシックメタルでしたが、結婚が破局になってリヴが脱退。
近年の作風ではヴァイキング色を打ち出してきており、Voが変わった最新作ではさらにそれを推し進めた作風になっています。
セトリは以下の通り。

01. Rulers Of Wind And Waves
02. Sign Of The Dragonhead
03. Across The Sea
04. Take The Devil In Me
05. My Destiny
06. Swords In Rock
07. Jomsborg
08. Farewell Proud Man
09. Hell To The Heavens
10. Fires In The North
11. Riders On The Wind
12. Edge Of Steel
13. Beowulf

Encore
14. Blazing Waters

とにかく、バンドのブレインで男性Voであるアレクサンダー・クルルの存在感に圧倒されました。
こちらは何時間も立ちっぱなしで疲れているのもお構いなく、巨体な身体で動きまくってガンガン客を煽ってくる(笑)
おかげで、彼がいない曲などは寂しさすら感じるほど。

さらに彼はアンコール時には甲冑と剣を持って再登場。
最後はパフォーマンス時の迫力とは打って変わって何度も頭を下げて感謝の意を示し、念願の日本へのライヴを果たせたことが本当に嬉しかったんだなと思いました。

新Voもしっかりリヴの時代の曲も歌いこなし、力量的には申し分ない感じで新体制として新たな方向に舵を切った印象でしたね。

フェスのMVPとしてはVUURでしたが、ライヴとしての楽しさはこちらの方に軍配が上がります。
ヴァイキングの勇ましさを前面に出したライヴは、やはり楽しい(笑)


 ■ 今日のBGM :No.1063
【GER】
Sign Of The Dragonhead ('18)
LEAVES' EYES
0 CommentsPosted in 音楽
■ HPコンテンツへ
■ 最近の記事
■ カテゴリー
■ カレンダー
08 ≪│2020/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
■ 音楽系
【Last.fm】


【今日のBGM集計】
記事の『今日のBGM』を集計。
■ Twitter

【Twilog】 Twitterの過去ログ

■ その他

このHP内の画像(バナー除く)や文章の無断使用、転載を禁じます。
Copyright ©宮居 千 All Rights Reserved.


HPへ戻ります。 ↑ リンクは上記のサイトに。

■ カウンター