「覚悟はよろしいかしら?」

11 30, 2008
「月姫」遠野秋葉

月姫より遠野秋葉
「秋だから秋葉」という極単純な理由で描き始めたのですが、
明日から冬、今日を逃すとあと1年使えないネタでした。危ない。

綺麗な紅葉を描くつもりが、どこをどう間違えたか殺伐とした絵に(^-^;
まぁ、前から描きたかった「檻髪」を描けたから良しとしよう。


 ■ 今日のBGM :No.582
Phoenix Rising ('97)【USA】
Phoenix Rising ('97)
ARTENSION

イラスト描くのが好きな人どうぞバトン

11 26, 2008
利用させて貰っているFC2ブログにバトンの機能が付いてまして、
そこに面白そうなバトンがあったので答えてみました。
(下の「続きを読む」に記述してあります。)
半分冗談、半分真面目というバランスです。
多少意味不明なところがあると思いますが、目を瞑ってやってください(笑)

最近あまりの描けなさに絶望しまして、原点回帰という程でもないのですが、
基礎を見つめ直そうと思って、人物デッサンとか始めてます。
絵のアップロードが控えめになってるのはそのためです・・・。


 ■ 今日のBGM :No.581
Paradise Lost ('07)【USA】
Paradise Lost ('07)
SYMPHONY X

続きを読む »

0 CommentsPosted in 雑記

ピープルズ・エルボー

11 22, 2008
ゲーム・プランゲーム・プラン」というDVD観ました。

WWF(今はWWE)の「ロック様」ことザ・ロック主演のハートフル・コメディ映画。
俳優業が目立っていたので、引退したものと思っていたのですが、
ウィキペディアで調べるとまだ現役レスラーだったんですね。
昔にちょろっとWWFのビデオを見せて貰った程度ですが、何か懐かしかったです。

映画の方ですが、内容的には非常に王道。
仕事(フットボール選手)と子供の間で振り回されるパパを描いたもので、
特に目新しさはないけど、観終わった後に暖かい気持ちになれるような、そんな映画です。

ただ、プロレス選手の体型を活かした筋肉隆々な場面の数々は、
ディズニー配給のファミリー向けにしては、ちょいと暑苦しすぎる気がしないでもない(笑)
WWFで見せていた「濃い」キャラクター性はさすがに皆無ですが、
決め台詞がある等、ロック様本人をモデルとしてそうな節はあります。
全体的には往年のシュワルツェネッガーのコメディ作を彷彿させるテイストです。

シュワルツェネッガー、スタローン、セガール、ヴァンダム、ドルフ・ラングレン等々、
昔はこういう肉体派俳優がよくいましたが、最近はあんまり見かけない気がしますわね。
貴重な肉体派俳優として、これからも映画作品に出て欲しいなぁと思います。


 ■ 今日のBGM :No.580
V ('00)【USA】
V ('00)
SYMPHONY X
0 CommentsPosted in 映画

ピラフ食べたい

11 21, 2008
CLANNAD AFTER STORY」第7話。

有紀寧シナリオ始まりましたが、何か色々と「足らない」ような・・・。
朋也の立ち位置が原作とは違う(既に渚と恋人設定)から、かもしれませんけれども・・・。
恋愛的な描写は無さそうな気がするなぁ。

今後あるかどうかわからんですけど、とりあえず観たいのが肉質的な膝枕シーン(笑)
あ、ちなみに朋也の膝に有紀寧が寝る方ですよ。
個人的に有紀寧といえば、「おまじない」と「膝枕」が記号化してます。
ついでに「おまじない」で思い出しましたけど、「ゲンキ玉注入」まだやってなかったっけ?(笑)

あと、2話目辺りにも出てた、資料室の机の下に隠れてた不良は、割と普通だったなぁと。
もっとゴッツい奴、例えば、こみパの立川雄蔵のようなのをイメージしてました(笑)


>> 拍手レス

>アルクさまをもっと描いてください
>パンチラアルクを描いてください
アルクはまだまだ描き続けますので、長い目で見てやってください。
パンツはそういう気分になったら、ということで(^-^;


 ■ 今日のBGM :No.579
Maximum Security ('87)【USA】
Maximum Security ('87)
TONY MACALPINE
0 CommentsPosted in 雑記

「ボク男の子だよ?それでもいいの?」

11 17, 2008
「CLANNAD」志麻賀津紀

CLANNADより志麻賀津紀
志麻君の可愛さが遺憾なく発揮された「女装」ですよ。
ゲームの時は思いっきりスルーしてたシーンでしたが、アニメでは破壊力満点だったのですけど(笑)

当初は足(ふともも)まで描いていたのですが、画像の全体のバランスが悪いので思い切って切りました。
おかげでせっかくの白ニーソが全く見えなくなって、実にもったいないっス・・・。


 ■ 今日のBGM :No.578
Stand In Line ('88)【USA】
Stand In Line ('88)
IMPELLITTERI

人への想いが起こす奇跡

11 14, 2008
CLANNAD AFTER STORY」美佐枝さんシナリオ終了の第6話観ました。

ゲームと季節が違うため、場面設定は随分とアレンジが加えられてましたね。
思っていた程の違和感はなくて、原作の感動的な部分はそのままに、上手くアレンジしてあるなぁと。
いや、むしろゲームよりも感動的になっているような気もしました。

ゲームの方のシナリオって「本編シナリオ終了後、他キャラのシナリオで結末」という、
ちょっと変わったシナリオ構成だったんですよね。
アニメでは当然これが一本化されて一気に結末までいってましたし、
志麻君やサキ・ユキをはじめ、ゲームではビジュアルがなかったキャラが多数描き起こされ、
よりキャラや状況に感情移入できるようになったのが、ゲーム以上に感動的と思える要因ですかね。
(特に志麻君の可愛らしさは異常。不覚にも萌えてしまうではないか(笑) )

こういう「不可思議な要素」と「何気ない日常」の織りなす哀しい物語が、鍵作品の真骨頂と言いましょうか。
結末を知っていても、涙を流さずにはいられない涙腺破壊力はさすがです(^-^;
京アニGJ。
ずっと、いつまでも・・・鍵作品のことを好きでいてください(ぉ

次は・・・、予告からして有紀寧シナリオになるのかな・・・。

---

それから、先日の日記に書こうと思ってて忘れてたことが(^-^;

今年の夏コミにゲストで描かせていただいた「ハルヒのコピ本(18禁)」なのですが、
過去作とのカップリングという形でDL販売開始と相成ったようです。

→【ゲスト作品について(日記の過去ログ)】
→【DL販売のページへ】(18歳未満入室禁止

興味のある方、または会場でゲット出来なかった方とか、チェックしていただければな~と思います。



>> 拍手レス

>いやいや、十分可愛いと思いますよ。貴方の描くアルクは最高です。
ありがとうございます。
ですが、ダメなものはダメと思うので、いつかまたファンタズムーンのリベンジをしたいです。

>エクリプスじゃないほうのファンタズムーンですね。
>可愛いけど胸がセクシーすぎる魔法少女です
>エクリプスと違って猫耳じゃなかったりスカートが普通?なのが違うのですね~
よく見ると細かい部分までデザイン違うので、じっくり比べてみると面白いですよ。
胸をしっかり描いてしまうのは、もはや病気なので仕方ないです(ぉ


 ■ 今日のBGM :No.577
No Parole From Rock 'N' Roll ('83)【USA】
No Parole From Rock 'N' Roll ('83)
ALCATRAZZ
0 CommentsPosted in 雑記

マーブル・ファンタズム!(きゃろ~ん☆)

11 13, 2008
「月姫」ファンタズムーン

白き月姫ファンタズムーン、ていうかアルク。
武梨えりさんの「TAKEMOON」買ったので描いてみました。

よくわからないのですが、「~エクリプス」とは違う原作漫画バージョンになるのでしょうか。
ネコ耳とかキャス子さんの杖とかないけど、こっちの方が「アルクが演じてる」感があって好きかも。
デザイン的には「エクリプス」の方が洗練されてますけどね。

そして僕の絵柄では微塵も可愛くならないというorz
「光る!」「うなる!」の「ファンタズムロッド」(2,625円)も撲殺できそうなぐらい大きくなってしまったし・・・。
なんか、色々と自分と相性悪い設定な気がしますわ・・・。


>> 拍手レス

>CLANNAD第6話見た・・・えぇ話や(T_T)
>原作やっていないでも楽しい&話についていけるあたり
>やっぱりこの作品って、しっかり作ってあるんだな~と思います
おっしゃる通り、ゲームプレイ済みでも未プレイでも楽しめるのが凄いところだと思います。
そして僕はまだ6話目観てません(^-^; 今晩放送予定(笑)
大阪では東京方面より一週間ほど遅いので、今日放送です。


 ■ 今日のBGM :No.576
Magnum Opus ('95)【SWE】
Magnum Opus ('95)
YNGWIE MAlMSTEEN

偉大なる王道

11 09, 2008
インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション 【2枚組】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のDVD観ました。

なんて言うか、「昔、一世を風靡したバンドが十数年ぶりに再結成してアルバム出したら、
変わったのは音質だけで、全然内容が変わっていなかった嬉しさ」みたいなそんな感じ?(笑)
とにかく「懐かしい」の一言でございました。

映像技術は「現在のもの」なんですが、ノリが「80年代的」なんです(笑)
そんなチグハグな感じが何だかツボに入りまして。
カメラに液体が付着したり、ピンボケするようなところがあったりと、
「敢えて」80年代的な作りにしてある部分に、スタッフのこだわりを強く感じます。

ハリソン君も予想以上に若々しい演技で驚き。
60歳以上とはとても思えない、活き活きしているようにも見えました。
演じるのがよっぽど楽しかったのでしょうか(笑)

ネットでの感想観ていると駄作扱いが多いのが気になりますが、
もはやこのスタッフ・キャストでこのタイトルの続編を出すこと自体、奇跡的とも言えるでしょうから、
四の五の言わずに素直に楽しむのが吉と思います。
僕は純粋に楽しかったですけれども。
子供の頃に観た過去の3作品は、どれも忘れかけているので、機会があれば、また見直したいなぁ。

---

それから、気分転換にブログのデザインをちょっと弄りました。
ついでに映画のネタも増えてきたので、「映画」のカテゴリも作ってみたり。
まぁ人様に読んで貰うというよりも、自分が何観たか忘れないように、というメモ代わりということで。


 ■ 今日のBGM :No.575
The Seventh Sign ('93)【SWE】
The Seventh Sign ('93)
YNGWIE MAlMSTEEN
2 CommentsPosted in 映画

志麻君の純粋さを見習いたい

11 07, 2008
「CLANNAD AFTER STORY」第5話観ました。

志麻君が思ってた以上に可愛いかったというか、あか抜けていたというか。
もっと地味で、ファッションに無頓着なキャラを想像してたので、ちょっとビックリ。
これはショタ好きにウケそうな感じですね(笑)
ただ、これから別シナリオで登場するだろう(と勝手に思ってる)勝平と外見的に被りそうな予感も(^-^;

あと季節も本編に合わせてか、春から夏にアレンジ入ってましたね。
個人的に「桜」のイメージが強いシナリオだったもので、随分と印象の違う結末になりそう・・・。
まー、胸が強調される夏服になったのは、ナイスな変更ですけど(ぉ
昔の美佐枝さんはアニメでは凶暴性が増してて、さらに素敵です(笑)


>> 拍手レス

>シオンさん可愛いです。前からここを見てましたがナイスバディなアルクが素敵です。
>またセクシーなシオンやアルクを見られるのを楽しみにしてます。
>アルクはファンタズムーンや姫アルクとバリエーションもありますし
武梨えりさんのアンソロは読んだことないので、ファンタズムーンは全くノーチェックでした。
嫁を自負するからには1回ぐらいは描いておきたい・・・けど、その前に本を入手しなくては(^-^;

>見えそうで見えないギリギリラインが良いですね
雰囲気的に見えない方が良い場合があるんですよ。で、何の話?(笑)


 ■ 今日のBGM :No.574
Fire And Ice ('92)【SWE】
Fire And Ice ('92)
YNGWIE MAlMSTEEN
0 CommentsPosted in 雑記

ホームレス錬金術師

11 05, 2008
「月姫」シオン

Melty Blood(月姫)よりシオン
色々試行錯誤していたら、出来上がるまでやたらと時間がかかってしまいました。
まだ調整し足らない部分もありますがギブアップ・・・。
夜の繁華街は難しすぐる・・・。

資料集めのために久々にメルブラをプレイしたら、
モノの見事にどう動かすか忘れていたという始末(笑)
持ちキャラ?もちろん嫁のアルクに決まってますがな。


 ■ 今日のBGM :No.573
Yngwie J. Malmsteen's Rising Force ('84)【SWE】
Yngwie J. Malmsteen's Rising Force ('84)
YNGWIE MAlMSTEEN

岡崎「俺達はソウル・メイトさ!」

11 01, 2008
「CLANNAD AFTER STORY」第4話観ました。

芽衣(と春原)シナリオ終了ですね。
途中、有紀寧シナリオがちょっと入ってきたのが意外だったのと、
渚がいたこと、あとサッカー部顧問の先生が出てこなかったことが、
原作と違ったところでしょうか。

渚はともかくとして、顧問が出てこないのは、何か「大人の事情」ってやつを感じます(^-^;
先生が中学生相手にああいう態度を取るのはマズい、とか考えたのでしょうか。
別に重要人物ってわけでもないですけど・・・。

前にも書きましたが、これお気に入りのシナリオです。

シナリオとしては主人公目線なので、主人公の気持ちもわかるのですけど、
リアルで妹を持つ自分としては、それ以上に春原にも多大に感情移入してしまいます。
妹というのは、鬱陶しい反面、ほっとけない部分もあるんですよね。
兄の立場での感情移入っぷりと、不器用で青臭いシナリオの雰囲気がお気に入りな理由です。
出来れば、前述の顧問を含めて、もう1話分ぐらい話を引っ張って欲しかったかな(^-^;

んで、次は美佐枝さんシナリオですか。
やはり美佐枝さんのベッドの中入りまくり・・・、とか無さそうだなぁ(笑)
すでに渚の存在が前提になってますからねぇ。


>> 拍手レス

>アフター2クール?最悪・・・金も無いしクソヤローが出たら許せねえ。
>断固妹派!
ふむ、おっしゃる意味がよくわかりませぬが・・・。
アフターは2クールと言わず、もっと欲しいところです。25、6話じゃ足らなさそう。


 ■ 今日のBGM :No.572
Odyssey ('88)【SWE】
Odyssey ('88)
YNGWIE MAlMSTEEN
2 CommentsPosted in 雑記
■ HPコンテンツへ
■ 最近の記事
■ カテゴリー
■ カレンダー
10 ≪│2008/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
■ 音楽系
【Last.fm】


【今日のBGM集計】
記事の『今日のBGM』を集計。
■ Twitter

【Twilog】 Twitterの過去ログ

■ TINAMI
■ その他

このHP内の画像(バナー除く)や文章の無断使用、転載を禁じます。
Copyright ©宮居 千 All Rights Reserved.


HPへ戻ります。 ↑ リンクは上記のサイトに。

■ カウンター