End Of The Road

02 22, 2009
「オリジナル」ミーカ・テンクラ追悼絵

オリジナル。
先日の日記にも書いた、ミーカ・テンクラ氏追悼絵です。
ホントはこんな女の子な絵じゃない方がいいのかもしれませんが・・・。

描いてる時は、ずっとSENTENCED聴いてました。
タイトルの曲(End Of The Road)のイメージで描いてるので、
追悼絵であると同時に、SENTENCEDを知らない人にも、どんな音楽なのか感じ取って貰えると嬉しいです。


>> 拍手レス

>ウェディングドレスなアルクを描いてください
>レアコスなアルクを描いてください
出たな、モンスター(ぉ
レアコスはともかくとして、ウェディングは割と良いかも。

>SENTENCEDが物理的に鬱絶望メタルとなってしまわれたのですね(´:ω:`)ヴワッ 
>私はKilling me Killing youのPVを見てどハマリしたのですが 
>もう二度とあの泣き濡れるギターが聴けないのかと思うと ゥヴァー!! ですね。
>せめてNo One There のメロディの様にに垣間見える希望のようなものを残しておいて欲しかったですわぁ(´-ω-`)
哀愁あふれる泣きのメロディと早弾きのバランスというか、硬軟の付け方がお気に入りでした。
あと、メロデス時代はIRON MAIDENからの影響を受けてる点も。
メロデス創成期を支えた一人だと思ってます。
生きていれば、もっと色んな曲が聴けたんでしょうねぇ・・・。


 ■ 今日のBGM :No.---
Crimson ('00)【FIN】
Crimson ('00)
SENTENCED

本当に永遠の眠りについた

02 21, 2009
政則さんのラジオで知ったのですが、
2005年に解散したSENTENCEDのギタリストのミーカ・テンクラが先日亡くなったとのこと。
享年34歳。あまりに若すぎです。
(ってことは、絶頂の解散時が31歳、「Amok」時が20歳、
90年代初頭のデビュー時は15、6歳だったってことでしょうか。ひえ~。)
死因はわかりませんが、元々アルコールの問題抱えていたと、ラジオで話しておられました。

CDの曲のクレジットを見ていると、作曲に「テンクラ」の名前がアルバムの7割程を占めているんですよね、これが。
特に末期の頃はVoのヴィレが目立っている感がありましたが、メインソングライターを担っていたのは彼であり、
バンド結成時も彼が中心となっている辺り、バンドの中心人物だったことは間違いないでしょう。

Funeral Album」で自らをスッパリと葬ったバンドですから、元々再結成の可能性はないのでしょうけど、
今回のことで、物理的にも完全に不可能となってしまったことを痛感しました・・・。

「Killing Me Killing You」「Blood &Tears」「Ever-Frost」等、
絶望に満ちた素晴らしい曲を沢山作ってるのに惜しすぎるorz
今宵は彼の作った「Karu」~「End Of The Road」で追悼することにします・・・。
作ってる曲の内容が内容なだけに、余計辛いですのぅ・・・。

※拍手のレスはまた今度ということで。


 ■ 今日のBGM :No.---
The Funeral Album ('05)【FIN】
The Funeral Album ('05)
SENTENCED
0 CommentsPosted in 音楽

しおちゃん5さい

02 19, 2009
「CLANNAD」汐

CLANNAD』より汐。
しおちゃん可愛いですのぅ。

背景描こうかと思ってましたが、逃げました(ぉ
やっぱりラフ~下書き段階でしっかり考えておかないと、なかなか上手く背景描けないようです。

んで、ついでに恒例のアニメの感想の方も。

CLANNAD AFTER STORY」17話。

序盤の早苗さんの「優しすぎる好計」に涙目になりつつ、今か今かと汐を待つ(笑)
そしてやや焦らされる形で汐登場。
行動するすべての仕草がとても可愛らしく、しっかりした愛情の中で大事に育った様子が伝わってきます。

朋也の変わり具合も気になっていたのですが、こちらは思っていた程変わってはいなかったかな。
少々疲れた雰囲気になってたぐらい。
ですが、無精髭生やしていたりすると「父親に似てきたなぁ」って思ってしまいます。

それに引き替え、早苗さんの変わらないこと(笑)
でも心の中を察すると泣けてきます・・・。


>> 拍手レス

>80年代Metalイイですね~
>Holocaust の THE NIGHTCOMERSをオススメします~
>目茶苦茶古いけど好きなんですよね~このバンド
>ALBUMタイトル曲は、今聴いても飽きません~
オススメありがとうございます。
バンドについては無知なのですが、METALLICAとGAMMA RAYがカヴァーした曲を聴いたことがあるので、
全く馴染みがないというわけではないようです。
NWOBHM系のバンドが聴きたくなったら、手に取ってみようかなと思います。


 ■ 今日のBGM :No.611
Red, Hot And Heavy ('84)【DEN】
Red, Hot And Heavy ('84)
PRETTY MAIDS

がんばれ女の子

02 16, 2009
「オリジナル」バレンタイン絵

オリジナル
試行錯誤と『黄金の洋楽ライヴ』のおかげで二日ほど遅れましたが(笑) 、バレンタイン絵です。

「大好きな先輩に面と向かって渡せないので、帰り際に気付いてもらおうと昼休み中にチョコを下駄箱に忍ばせておく」
という、なんともベタで恥ずかしいシチュエーションを考えてました(笑)
遙か昔の中学生辺りの記憶を頼りに、「昼休み中の下足場」の空気感を思い出していたのですが、
上手く表現できなくて悔しいです。

今年は「逆チョコ」とかいう言葉が流行っていたらしいけど、結果的にどうだったんだろう(笑)
なんかお菓子業界の商魂たくましい部分が見え見えすぎ&力技すぎてなんだかねぇ・・・。
バレンタイン自体、業界が作り上げたものですけど、これは呆れるを通り越して
「よっぽど不景気なのね」って、冷ややかな視線を向けざるを得ないのですが。

やっぱりバレンタインのイベントは、シャイとかデレとか(内面的に)奥ゆかしい感じが良いと思うのです。


 ■ 今日のBGM :No.610
Hail To England ('84)【USA】
Hail To England ('84)
MANOWAR

アイルランドの英雄達

02 14, 2009
NHK衛生第2放送で『黄金の洋楽ライヴ』という番組をやっていたので観てました。

この番組、HR/HM系のバンドのライヴを偶にやってくれるので、その時はしっかり観てます。
過去には『RAINBOW』や『IRON MAIDEN』なんてのもやってましたっけ。
古い時代のばかりですけどね(笑)

今日は『THIN LIZZY』と『GARY MOORE』のアイルランド二本立て。
THIN LIZZYはジョン・サイクスがいた辺り、末期の頃ってところでしょうか。
GARY MOOREは『Victims Of The Future』の頃。

恥ずかしながら、THIN LIZZYの方は代表曲をいくつか知ってる程度なので、良い勉強になりました。
当時23歳のサイクスかっこよす。
フィル・ライノットも映像で観ている限りは、この数年後に亡くなるとは思えないですね。
発表しているアルバム数が多くてちょっと敬遠していたのですが、しっかり聴いてみようかな。

GARY MOOREの方も動いてる様を観るのは初めて。
大好きな『Wild Frontier』発表前なのがちょっと残念ですが、やはり感情生々しいギターはいつ聴いてもよい。
しかし、思っていた以上に太ってたなぁ(^-^;


>> 拍手レス

>うわっは~ロリクェイド最高!!これであと10年は戦えるッ!
>それわそうと、俺の誕生日を血で祝ってくれるとは、、、ワルクェイドさんもやりおるのぅw 。
誕生日オメ。
散らばった手足は貴方と思うようにするですよ(ぉ

>ブログの方毎回拝見させて頂いております。
>TYPE-MOON関連作品キャラクターの中ではアルクェイドとシオンが好きなので
>二人の絵がupされる度に嬉しくなるこの頃だったりします。
>P.S.
>2/12の日記での件ですが、確か千年城は空想具現化に因る物だった筈です。
>『月姫読本』の用語辞典にも空想具現化の項目にてそう載っておりました。
いつもご覧になられているとのことでありがとうございます(お名前の方は省略しました)。
僕自身も一般的にも「千年城=空想具現化」ってイメージだと思うのですが、同用語辞典のアルクの項目には、
「固有結界である千年城ブリュンスタッドに自らを封じた」って記述もあるんです。
これがややこしくしている原因(^-^;


 ■ 今日のBGM :No.609
Kings Of Metal ('88)【USA】
Kings Of Metal ('88)
MANOWAR
0 CommentsPosted in 音楽

Moonchild

02 12, 2009
「月姫」アルクェイド

月姫よりアルクェイド(幼少期)。
詰めが甘い気がするのですが、上手くいかないのでギブアップ・・・。
場所は「千年城ブリュンスタッド」。
この頃から作り出せる能力を持っていたのかよくわかりませんゆえ、細かいことは気にしないように(^-^;

アルク、朱い月、ゼルレッチ、アルトルージュ、昔のロア。
この辺の事が色々とゴッチャになっているので、1回ぐらい頭の中を整理したいですわね。
あと「空想具現化」と「固有結界」の違いも。
なんとなくは判るのですが、千年城がどっちに当てはまるのかが理解できてないっす。


 ■ 今日のBGM :No.608
Fighting The World ('87)【USA】
Fighting The World ('87)
MANOWAR

坂の下の別れ

02 09, 2009
CLANNAD AFTER STORY」16話。

前半と後半とで全然雰囲気が違うので、対比的にそれぞれが強調されるナイスな構成と思いました。

前半は賑やかな雰囲気。
原作では訪れる客は「春原と仁科さん+杉坂さん」の組み合わせなのですが、
アニメでは「春原、杏と椋、ことみ」にアレンジされてました。
(その代わり、秋生と早苗さんがいないのですけど)

まるで初期の演劇部の時のような皆のやり取りは、実に久しぶりで嬉しくなります。
登場はしないけど、年賀状という形で他のキャラの現状も紹介されて、軽い同窓会のよう。
そんな中、ことみがアフター本編のシナリオに絡んでくるのが、なかなか興味深いなぁと。
「LOVE&SPARNNER」がここで登場したのも意外でした(笑)

後半は一気に「CLANNADでも屈指の哀しいシーン」へ。
当然のごとく涙腺崩壊。
思った以上に早くこの場面に来たなぁって感じですけどね。

アニメだと、朋也の必死な気持ちと絶望感がより伝わってきてたまらんです・・・。
そして、過去のシーンをパラパラ漫画のように観せる演出は、反則気味な破壊力が・・・。
あれは哀しすぎるっすよ、京アニさん・・・。

次回はしおちゃん登場っぽいですね。
どんな感じになるか楽しみ。


>> 拍手レス

>さくらですかー、懐かしいキャラ来ましたね。
>健康的なおへそに萌えます。
懐かしいキャラですが、割と旬なキャラかもと思ってみたり(スト4的にね)。


 ■ 今日のBGM :No.607
Sign Of The Hammer ('84)【USA】
Sign Of The Hammer ('84)
MANOWAR
0 CommentsPosted in 雑記

春一番

02 07, 2009
「ストリートファイターシリーズ」春日野さくら

『ストリート・ファイター』シリーズより、春日野さくら。
あまり描かないジャンルを描いてみよう、ということで。
季節感は無視してください(ぉ

カプコンの格闘ゲームキャラは女性であっても筋肉質に描かれてあるので、
ガッチリ体型になりがちな自分の絵柄と相性が良いかもなー、なんて描いてて思いました。
もっとも、昔格闘ゲームばかりやっていたのが、そんな絵柄になった原因でしょうけど(笑)

しかし、描きたいのはギャルゲ絵なので、そのガッチリ体型になりがちな絵柄とのギャップに
いっつも悩んでいるわけです(^-^;


 ■ 今日のBGM :No.606
Tales From The Emerald Sword Saga ('04)【ITA】
Tales From The Emerald Sword Saga ('04)
RHAPSODY

ばぁさんなんて言ったら首絞められそう

02 02, 2009
CLANNAD AFTER STORY」15話。

後にどうなるか判っている分、着実に舞台が整っていくのが観ていて辛いです。
みんなで「だんご大家族の歌」を歌ってるところなんか、もぅ泣けてきます。

・・・ネタバレを考えると全然感想書けないのな(笑)

あと、早苗さんの友達の八木さんは、原作で外見設定がなかったので今回が初見なわけですが、
想像以上に若いなぁと。もっとおばあさんと思ってました(^-^;

今回が15話なので、残り10話ぐらいでしょうか。
まだ残っているシナリオを考えると、あんまりゆとりは無いかも・・・。
果たして勝平シナリオはあるのだろうか(^-^;


>> 拍手レス

>CLANNADのアニメ本編は全話、アフターは9話まで観ました。
>いやぁ凄く泣ける(´;ω;`)
>凄く心に響く素晴らしい作品ですね。
>不思議と視聴していて自分のこれまでの人生を考えさせられたような気がします。
>一番のお気に入りは古河渚です。やはり正ヒロインは伊達じゃないですね、僕の涙腺は崩壊しそうです・・・
>それにしても朋也と渚には一緒に卒業して欲しかったです( ノД`)
「CLANNADは人生」って言葉がありますが、それを実感できたのではないでしょうか。
10話からアフター本編突入ですから、より「人生」を味わうことが出来ると思います。
ご期待くださいな。


 ■ 今日のBGM :No.605
Rain Of A Thousand Flames ('01)【ITA】
Rain Of A Thousand Flames ('01)
RHAPSODY
0 CommentsPosted in 雑記
■ HPコンテンツへ
■ Web拍手

    お気に召しましたら、押してやってください。
■ カテゴリー
■ カレンダー
01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
■ 最近の記事
■ 音楽系
【Last.fm】


【今日のBGM集計】
記事の『今日のBGM』を集計。
■ Twitter

【Twilog】 Twitterの過去ログ

■ TINAMI
■ Pixiv
■ 番組メモ

■ その他

このHP内の画像(バナー除く)や文章の無断使用、転載を禁じます。
Copyright ©宮居 千 All Rights Reserved.


HPへ戻ります。 ↑ リンクは上記のサイトに。

■ カウンター