ペプシあずき

11 30, 2009
期間限定『ペプシあずき』を今更ながら飲みました。

以前にも『ペプシしそ』とか『ペプシキューカンバー(キュウリ)』とか、
「コーラと合うのか想像できない組み合わせ」で注目せざるを得ない(笑) シリーズの最新作です。
残念ながら、『キューカンバー』は期間を逃してしまって飲めなかったんですけどね。

今回の『あずき』、思っていたよりは違和感なく、なかなか美味しかったと思います。
500ml一気に飲めなかった覚えがある『しそ』と比べると、大分マシな出来ではないでしょうか。
あずきの後味がちょっとクセになりそう。
直接他の味と飲み比べてみたいけど、どれも期間限定で出来ないのが残念なところです。

美味い不味いは別にして、このシリーズは末永く続けてほしいものですねぇ。
毎回購入にはそれなりの覚悟が必要ですけど(笑) 、
奇抜なアイデア商品として面白いし、開発部のチャレンジ精神には関心させられっぱなしですから。

参考までに、これまでで一番不味かったペプシは、覚えている限りでは『ペプシブルー』。
上記のシリーズとはちょっと違いますけどね。
あれは飲んでるうちに、ちょっと生命としての危機を感じたような・・・(ぉ


 ■ 今日のBGM :No.685
Generator ('92)【USA】
Generator ('92)
BAD RELIGION
Posted in 雑記

MTV Unplugged BON JOVI

11 28, 2009
前回の『YES 35周年ライヴ』、『MTVハードロックTop100』と一緒に録画したものの最後ですね。
番組自体は2007年の頃と思われます。→【オフィシャルHP】

ぶっちゃけ、あまり面白いものではなかったかなぁと。
代表曲を取り上げてくれてはいるのですけど、
歌メロ以外は原型を止めていない程のアレンジが施されていて、
おなじみの曲であっても全然気付けないのが何だか悔しい・・・(^-^;
途中、ポップス(と思う)の人気若手ミュージシャンをゲストに迎える場面もあるのですが、
やはり知らないので、首を傾げっぱなし(笑)

新たな一面を見せるという意味では良いと思うのですけど、
熱心なファンというわけでもない僕にとっては、やはり原曲の雰囲気は保って欲しかったです。
ロックとしてのダイナミックさが削がれてしまうアンプラグドでは難しいのかもしれませんが・・・。
曲だけでなく、メンバー自身も愛してやまないファン向け、という感じですかね。

ちなみに、NIRVANAALICE IN CHAINSのようなグランジ系のアンプラグドは好きなんですよね。
グランジ自体の内省的なイメージと合ってると思いますし。
もっとも、これらのバンドの場合は後に悲劇を迎える運命ですから、
「命の灯火が消える直前の美しさ」、みたいなものを感じ取るからかもしれませんけどね。


 ■ 今日のBGM :No.684
New Jersey ('88)【USA】
New Jersey ('88)
BON JOVI
Posted in 音楽

YES 35周年ライヴ

11 25, 2009
以前にNHKのBSで放送されていたものの録画を観ました。→【オフィシャルHP
同名のDVDが出ているので、恐らくそこから抜粋したライヴ映像と思われます。
2004年の米マサチューセッツ州でのライヴということで、5年ほど前のものになるのでしょうかね。
つまりは今年YESは40周年。息の長いバンドです。

プログレッシヴ・ロックのジャンルに関しては、まだ2年目か3年目の若輩者ですので、
あれこれ言える程詳しくはないのですが、
YESが後続のプログレ・バンドやメタルのジャンルに与えた影響がいかに大きいか、
というのは理解しているつもりです。
もちろん、YESのライヴの映像は今回が初めての視聴。

YESは、本筋であるプログレッシヴ・ロックの大作指向で傑作を作った一面と、
コンパクトなポップ・ロックで商業的に成功した一面があるので、
ある意味相反するこれらの要素が、同じライヴ内でどう表現されるのか、
全く予想もつかなくて楽しみだったのですけど、実際観てみると何て事はなく(笑) 、
曲をアンプラグド風にアレンジさせたりと、上手く溶け込ませていた感じでした。

でも、コメンテーターの人も言っていたのですが、
「Owner Of A Lonely Heart」と「Roundabout」はオリジナルのバージョンで聴きたかったですのぅ。

それにしても凄いのが、スティーヴ・ハウ。
エレキ/アコースティックはもちろんのこと、マンドリンのようなのとか琴のようなギターまで、
「一体何本あるんだ?」って思うぐらいにギターを持ち替えて面白い。
同じ曲内でも、画面が切り替わったら楽器が違ってる、なんてこともしばしばで。
その多彩すぎるスタイルに脱帽。
ASIAで聴ける音色も好きですが、やっぱり本領が発揮されるのは、こっちなんだろうなぁ。
ただ、歳なのか、元々そうなのか、ライヴ・パフォーマンス自体は相当大人しいものでしたが(^-^;

ヴォーカルのジョン・アンダーソンも歌ってるだけかと思っていたら、
ギター弾いたり、キーボード弾いたり、タンバリン叩いたりと結構忙しそう。
(もちろん楽器のメインとなる方々がいるので、存在感は薄いですが)
こういう大作指向のバンドのヴォーカルは、長いインスト部分で暇を持て余しそうなイメージだったので、
意外と言えば、意外ではありました(笑)


>> 拍手レス

>なんか雰囲気良くなりましたね!
>そいえば、先日のMTVのランキングを、親父と話す機会があったのですが。
>親父によれば、MTVが始まった時から偏りまくってて話しにならんよ。とのコトでした。
>なので、?マークが頭に浮かんで当たり前らしいです。
まぁ、アメリカ市場しか見ていないので偏って当然なわけですけどね。
アメリカの今の様子が分かっても、世界から観ると閉鎖的でほんとに話にならないです。
それにしても、洋楽に理解のある親父さんを持って羨ましいですなぁ(笑)


 ■ 今日のBGM :No.683
Close To The Edge ('72)【GBR】
Close To The Edge ('72)
YES
Posted in 音楽

Secrets On Parade

11 22, 2009
気分転換にHPのデザイン替えてみました。
素敵なブログのテンプレートを見つけたので、それに合わせるような感じで。
昔似たような色合いにしていたことがあったけど、まぁ気にしない(笑)

内容的にはほとんど以前と変わってません。
「白が基調」から「黒が基調」になったため、随分違った印象を受けるかもしれませんが、
実際弄ったのは、色合いとナビゲーションの位置、ロゴとボタンの画像ぐらいなものです。

まだ一部以前のままのところがありますが、ボチボチと修正していくつもりです。
面倒だったら、そのままにするかもしれませんけど(^-^;

ちなみに、何でこのテンプレが気に入ったかというと、
TIM CHRISTENSENのアルバム『Secrets On Parade』のジャケ絵(下図)っぽかったから。

シークレッツ・オン・パレード

Secrets On Parade(秘密のオンパレード)っていうのが、また隠れ家っぽくて良いじゃないですか(笑)


 ■ 今日のBGM :No.682
Dreamland Manor ('05)【GER】
Dreamland Manor ('05)
SAVAGE CIRCUS
Posted in 雑記

TYPE-MOONエースVol.4

11 20, 2009
Pixivの方に『TYPE-MOONエース』用の投稿絵をアップ。
原稿ではないのでこっち(HP)の方にもアップしてもいいのですが、ちょっと様子見。
本誌発売(12月下旬)後ぐらいにこっそりアップしようかと。

キャプションにも書いた通り、月姫絵のオフィシャルへの投稿は初めてかもしれないので、
(Fateは昔人気投票の時にあったかな)
気合いを入れてヒロインの集合絵に挑んでみました。
アルクェイドを嫁にくれと直談判するつもりで(ぉ

しかし、集合絵の引き出し(ネタ)の少なさに泣きそうになったり、
指定もないのにCMYKで描いてたり(恐らく誌面でしょうから、合ってるとは思いますけど)、
ギリギリ〆切に間に合う予定が、1日前に期限が10日延びてて一気に脱力したり、
と踏んだり蹴ったりな状態でなんだかグッタリ(笑)

しかしまぁ、がんばって描いたのには変わりないので掲載されると嬉しいですのぅ。


 ■ 今日のBGM :No.681
Blooddrunk ('08)【FIN】
Blooddrunk ('08)
CHILDREN OF BODOM
Posted in 雑記

拍手レスだけですが・・・

11 14, 2009
結構な量になりそうだったので、これだけでアップ。


>> 拍手レス

>さわちゃんだオラはスキスキ♪。タイトスカートで脚を組む 通称女教師座りがベリグー☆。
>人気が下っぽいってそりゃー女子高生が話の中心のけいおんに出てるからっスよ。
>これが司教の女教師調教ゲーに出てれば(こら)
ぶっちゃけ、あんまり女教師っぽく見えない(笑)
ハードロックが好きだったりすると、彼女の言動が割と共感できたりするので好きなんです。
やっぱりマニア向けの宿命(笑)

>いやぁ、いちおー高校生が主人公の作品でOGが主役張ったらまずいでしょうw 
>単に年齢…げふげふ。最近「けいおん!」の連載は片方で本編(?)、
>片方で外伝とゆーか準レギュラー中心(唯が全く出てこないことも…)の話、
>ってパターンが多いので、さわちゃん主役の回がそろそろありそうな気がしますよ。期待しましょうw
>(以下略)
主人公格5人を人気で上回るなんて元々思ってなくて『憂や和』と書いたのですが、
誰にも判って貰えない(笑)
拍手ではないですが、文句の書き込みもあったので、人気順については触れない方が良いのかもねぇ。
あとネタバレですが、そういう話もあるということで単行本化を楽しみにしておきます。

>MTVのTop100、ホント随分偏ったチャートですねぇ…。
>個人的にはやはりDream TheaterとQueensrycheが入ってないのがすげー不満です。
>デス、ブラック系もフロリダ出身のバンドとか結構いる割に、なんか扱いが…。
>自国の音楽(?)でもこの差別って、ほんとに公正な投票だったんだろか?
>(以下略)
MTVの番組性と米国の国民性がモロに出ている結果だと思いました。
バンドの選曲は僕もよくわかりません。いくつかのバンドが複数選ばれてるのも謎です。
やっぱりPVがオンエアされまくった曲、シングル・カットされた曲が強い印象を受けますが・・・。
フロリダ産デスはさすがにアンダーグラウンドなので、自国でもチャートインは無理と思われます(笑)

パンク・オルタナをHRと呼ぶのは違和感はありますけど、その辺りも国民性なんだろうなぁと。
単に「騒がしい(=ハードな)ロック」って感じで、そもそものHRの定義すら日米では違うような。
逆に頑なに区別したがるのも日本だけっぽいので、日米で結構お互い様なのかもしれませんけど(笑)

>どうも先日はお祝いのコメント頂きありがとうございました~
>スコーピオンズと言うとどうしてもベルリンフィィルとのコラボしたアルバムのインスト曲が好き過ぎて、
>オーケストラじゃないと逆に違和感が(笑 
クラウス・マイネ涙目・・・って、蠍団は実はあんまり知らないのですよね(^-^;『Blackout』ぐらいかも。
なので、印税!印税でCD買ってください!(ぉ

>TOP100レポート、乙です~。いかにもアメリカって感じのランクでしたね!
>パット・ベネターなんて出て来る辺り、いかにもって思いました~。
>ま、アメリカとヨーロッパのロック文化には、昔から大きな壁ありましたしね。
>レーベルを見渡せば、納得としましょ~。
>PS.さわちゃん先生良かったです~~
ネットの普及によって手軽に音楽を入手しやすくなったので、
それなりに米国シーンにも欧州の血が交わってくるかと思っていたのですけどね。
まだまだ壁は高く、厚いようです(笑)


 ■ 今日のBGM :No.680
Butchered At Birth ('95)【USA】
Butchered At Birth ('95)
CANNIBAL CORPSE
Posted in 雑記

MTV 洋楽ハードロック Top100

11 12, 2009
5時間の内容を一気に観るのはさすがに無理なので、3回程に分けて観てました。→ 【オフィシャルHP】

視聴者の投票で決まったハードロックの曲のTop100を100位から順に発表していくシンプルな内容で、
全曲にメンバーの現状と簡単な曲解説入り。
投票方法はネットでの集計のようで、記述式か選択式かよくわかりませんが、票数としては60万票とか。

とりあえず、100位までの全ての楽曲を下の『続きを読む』の方に書いておきました。
興味のある方はそちらをどうぞ。

2000年代から古くは60年代まで幅広くチョイスされてしているのですが、
制作が米国のMTVゆえか、大御所や伝説的バンド、世界的にブレイクしたバンド等を除けば、
登場するのはほぼ自国のバンドに偏ってるのがちょっとなぁと。
もうちょっと世界に目を向けようよ?みたいな(^-^;
特に90年代以降の他国の音楽が、THE DARKNESSぐらいしかないっていうのは首を傾げたくなります。

また、ジャンル的にハードロックの枠に入れて良いものか疑問に思うバンドもちらほらと。
まぁ、パンクもオルタナティヴも全部ひっくるめて「ハードロック」としている辺りが、
娯楽の国アメリカらしいと思いますけどね。

順位付けとしてもやや不満ですかねぇ・・・。
ランクインしそうなバンド、PANTERANINE INCH NAILSSLIPKNOTTOOLQUEENSRYCHE
DREAM THEATERTESLAEXTREME等々、もっといる気もしますが、いずれもランク外。
RUSHは別格として、米プログレ・ハード勢はいて、英国のASIAYES(ロンリーハートね)がないですし、
METALLICAMEGADETHANTHRAXと入って、SLAYERがないのも、あまり納得できなかったり。
パンクにしても何故GREEN DAYTHE CLASHだけなのかとか、疑問は絶えません。

それでも20位代辺りから教典とも言える名曲が次々ランクインしていくのは、観ていて爽快でした。
興味のなかったバンドも興味が出てきたりと、収穫はありましたね。

あと、期待はしてなかったけど、日本でそれなりに地位を築いているドイツ勢や北欧勢は、
米国では全然人気がないのだなぁというのを改めて実感。
ランクインはSCORPIONSEUROPEぐらいでしょうか。
ネオクラシカルやメロディック・パワーメタルなんて単語も出てこないし、デスやブラック系は勿論論外。
文化の違いを痛感しますわね(^-^;

アメリカって「(マニアを除けば)自国の音楽しか関心がない人が多い」ってイメージがあるんですよね。
本当か判りませんが、そういった国民性もあってか、ハードロック・シーンにおいても特に独自性が強い。
物理的には行ってないけど、メンタル的に音楽は鎖国状態なんじゃないかなって偶に思えてきます。
それでもアメリカで成功したい外国バンドが多いのは、やっぱり1発当てた時が大きいからだろうなぁ。

逆に「さすが本場MTV」と思ったのが、ゲストが豪華なこと豪華なこと。
オジーにロニー、ムスティンやカヴァデール、スラッシュやアンドリューW.K、
スコット・イアンにセバスチャン・バック等々、挙げればキリがないぐらいです。
司会者自体もPOISONのメンバーだったりしますし。
曲によっては、本人が登場して解説することも多く、
一言程度ですが、アーティストが他のアーティストを評するのが結構興味深かったりしました。

どうしてもオッサンや年寄りが多くなるジャンルですが、
みんな恐ろしい程に活き活きとしていて本当に恐れ入ります。
60代で20代のような体つきのイギー・ポップとか凄すぎ。
ああいう年寄りに憧れます(笑)

※長くなったので、拍手レスは次回に回します。スミマセン。


 ■ 今日のBGM :No.679
Hold Your Fire ('87)【CAN】
Hold Your Fire ('87)
RUSH

続きを読む »

Posted in 音楽

Hot For Teacher

11 09, 2009
「けいおん!」山中さわ子

『けいおん!』より、山中さわ子先生

うーん、タイトスカートが難しい・・・。
足を組むとどうシワがよるのかよく判りません。
あと背景を描く気力をください(苦笑

さわ子先生は美人でスタイルも良く、眼鏡キャラであり、
且つコスプレ愛好家ということで人気を得る要素としてはあると思うのですが、
憂や和よりも人気が下っぽいのが納得いかないのですけど・・・(^-^;
やはりメタラーだからなのか・・・(笑)

【追記】
イラストちょっと修正しました。


 ■ 今日のBGM :No.678
Saudades De Rock ('08)【USA】
Saudades De Rock ('08)
EXTREME
Posted in けいおん!

11月8日はロックの日

11 08, 2009
まだ観ていないのですが、今日1日だけで洋楽ロック系番組を7時間半も録画しました。
音楽番組のみならず、1日辺りの録画時間としても、過去最長です。

MTVの『洋楽ハードロックTop100』が5時間、
同じくMTVで、新作のプロモ活動を最近よく見かけるBON JOVIの『アンプラグド』が1時間、
そして、NHKハイビジョン放送で、プログレの大御所YESの『35周年記念ライヴ』が1時間半。
計7時間半。
まぁ、BON JOVIとYESは再放送なんですけどね。

洋楽ハードロック系は普段TVではあんまりやらないのに、何故にこうも1日に放送が重なるのか(笑)
一気に観るのは無理なので、ボチボチ少しずつ観ていこうと思います。
特に5時間にわたり、チャートを発表する『洋楽ハードロックTop100』が楽しみ。


 ■ 今日のBGM :No.677
Nemesis ('97)【USA】
Nemesis ('97)
GRIP INC.
Posted in 雑記

精霊の首飾り

11 03, 2009
いきなり冬が来たかと思うぐらい寒くなった今日この頃、PC-88版のイースⅢとかやってました。
イースⅥの初回版に入っていた『イース大全集』とかいうやつですな。
移植のSFC版やPCエンジン版、のちのリメイク『フェルガナの誓い』など存在するあらゆるイースⅢの原型です。

ディスクの切り替えやキーボードを含めた操作など、
今の便利なゲーム環境に慣れた者にとっては面倒な部分もありますが、
細かな違いを除けば、移植作とは基本的に同じ。
相変わらず簡単すぎる内容なので、半日もあればクリア可能なのも同じです(笑)

ただ、1つ疑問に思ったのが『精霊の首飾り』の効果
SFC版とかこれ持ってると「ガーランド・ゾンビが復活しない」のですが、PC-88版はどうも違うっぽい。
持っててもガーランド・ゾンビが、文字通りゾンビの如く何度も復活してしまうんですががが・・・。
2回倒して、3回目が出てきた時、さすがに面倒になったので、
3回目倒したついでにラスボス・ガルバランも討伐してしまいましたけどね(ぉ

気になったので調べてみると、
ウィキペディアに、「ノーマルモードではダメージを受けた際にはねとばされなくなる」って記述が。
うーん、値段の高い首飾りのコストパフォーマンスとしてはどうよ?って感じですけど(^-^;
あと難易度が違うと首飾りの効果が違うらしい。
やったのは同じノーマルモードでしたけど、他のモードだとどうなるのでしょうね。

正直、今更イースⅢで新たな発見があるとは思ってもいなかったです(笑)


 ■ 今日のBGM :No.676
Larks' Tongues In Aspic ('73)【GBR】
Larks' Tongues In Aspic ('73)
KING CRIMSON
0 CommentsPosted in 雑記
■ HPコンテンツへ
■ Web拍手

    お気に召しましたら、押してやってください。
■ カテゴリー
■ カレンダー
10 ≪│2009/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
■ 最近の記事
■ 音楽系
【Last.fm】


【今日のBGM集計】
記事の『今日のBGM』を集計。
■ Twitter

【Twilog】 Twitterの過去ログ

■ TINAMI
■ その他

このHP内の画像(バナー除く)や文章の無断使用、転載を禁じます。
Copyright ©宮居 千 All Rights Reserved.


HPへ戻ります。 ↑ リンクは上記のサイトに。

■ カウンター