アリカ姫

05 31, 2010
「魔法先生ネギま!」アリカ姫

『魔法先生ネギま!』より、アリカ姫。

ここ2年ぐらい読むのを止めていた『ネギま!』でしたが、
最近になってまた読み始めました。
ちょうど魔法世界に入った辺りからになります。

相変わらず「クラスメイトでは茶々丸さんが一番好き」というのは変わらないのですけど、
魔法世界では、地元のキャラ達が非常に魅力的で、
ヒロインであるクラスメイト達を凌ぐ勢いでお気に入りになってます(^-^;
アリカテオアリアドネーの委員長辺りが特にお気に入り。
フェイトの手下達もなかなかいいなぁ(パンツ脱げてばっかりだけど(笑) )。


 ■ 今日のBGM :No.727
Red ('74)【GBR】
Red ('74)
KING CRIMSON
Posted in その他版権

エラゴン ~遺志を継ぐ者~

05 29, 2010
エラゴン 遺志を継ぐ者 [DVD]これは2006年発表かな。HDDにあったので何となく観ていました。

http://movies.foxjapan.com/eragon/

農民の息子である主人公が、伝説のドラゴンライダーとして成長していく、
ファンタジーRPG映画です。
ハリポタ』や『ロード・オブ・ザ・リング』の成功に続けという感じで
きっと制作されたものだろうと予想されます。

倒すべき敵や目的が判りやすく、話としても非常にオーソドックスな為、
上記の作品と比べて、とても観やすいのが特徴でしょうか。
全編通して難しさで悩むようなことは、ほぼ無かったと思います。
話のテンポも悪くなく、簡単なRPGゲームを解いているような感じでしょうかね。

ドラゴンと主人公の関係が面白く、「主人公が死ぬとドラゴンも死ぬ」という設定が、
絆の深さを感じさせます。
主人公もドラゴンも最初は未熟なので、共にパートナーとしての見方は雑なのですが、
次第に信頼関係が高まっていくのは、観ていて微笑ましいです。

しかし、やや淡泊(特に人物描写)な部分もあったり、
場面によっては、「おいおい」とツッコミ入れたくなるようなシーンもあり、
感動作として観る分には、物足らない感じでもあります。
判りやすい反面、緻密さに欠けるのがこの作品の欠点ではないでしょうか。

また、続編を作るつもりだったようで、物語としては中途半端なところで終わってしまいます。
この作品単体としても悪くはないのですが、続きをほのめかすような終わり方故に、
不完全燃焼な感じは否めません。

それで、続編についてネットで調べてみたところ、続編の制作はすでに打ち切られている模様
興行的に奮わず、不人気というのが理由なようですが、個人的には続編観てみたかったな・・・。

あと、観ている時に通りがかった父親が、一目画面を観て「田原俊彦が出てる」と一言。
うーん、確かに主人公はなんとなく似てるのかも(笑)


 ■ 今日のBGM :No.726
Slania ('08)【SUI】
Slania ('08)
ELUVEITIE
Posted in 映画

けいおん!!6、7話

05 28, 2010
■ けいおん!!第6話
梅雨のお話。
唯から違うベクトルで大事にされているギー太に軽く嫉妬(笑)
ギー太になりたいが、エリザベスも捨てがたい・・・(ぉ

細かいところですが、原作との設定のマイナーチェンジが気になったかなと。
唯がチューニング出来るようになってたり、
ムギの読心術(?)が、声に出してたという設定になってたり。
割と「現実的」なものに差し替えられてる感じですかね。

あと濡れたストッキングを脱ぐ動作って結構エロいですね(ぉ

■ けいおん!!第7話
半分原作通り、半分オリジナルってところでしょうか。
当初時系列的に出てこれないと思っていた生徒会長のお話が大幅ボリュームアップ。
可愛いじゃないですか、大学生の生徒会長(笑)
ツッコミどころ満載な「お茶会」や新曲も披露ということで、盛りだくさんの内容でした。

新曲『ぴゅあぴゅあはーと』は悪くはないのですが、割と普通なポップスな感じで、
『ふわふわ時間』の時ほどトキメかなかったかな・・・(^-^;


>> 拍手レス

>元気いっぱいな太モモも魅力だけど、このいきいきとした表情がたまらんです! 
>やっぱりライヴはいいですよねー。ロニーの魂とともにいつまでも We Rock!
ありがとうございます。ライヴはテンション上げていかなきゃねって感じですね。

>「けいおん!!」第5話で純が使ってたベースはフェンダーやリッケンのコピーモデルじゃなくて
>ヤマハオリジナルの絶版モデルらしいですね。一体どこでンなレア物を手に入れたのやら、このコは。
>ジャズ研の双子が使ってたストラトもどきはメーカーを特定してたサイトがあって笑いましたw 
>まぁ一目見て本家フェンダー製じゃないとは思いましたけどw
そこまで詳しく観てなかったというか、気にしてなかったなぁ(笑)
観返してみると、確かにストラトっぽいです。
ジャズ研の二人は双子なんでしょうかねぇ。僕には単にモブキャラ×2にしか見えなかった・・・(^-^;


 ■ 今日のBGM :No.725
Generations ('05)【USA】
Generations ('05)
JOURNEY
Posted in 雑記

We Rock!

05 21, 2010
「けいおん!」平沢唯

『けいおん!!』より平沢唯。
煽り構図で描き始めるも、あまり煽りにならなかったので、太股が太い感じになってしまったなぁ・・・。
まぁ、それはそれで!


>> 拍手レス

>ロニーが亡くなられたようですね。個人的になぜか最近RAINBOWの初期作品が
>ヘヴィローテーションだったんですが、何かの知らせだったのかも・・・。
>また一人偉大なミュージシャンが伝説になってしまわれました。ご冥福お祈りします。
いわゆる「虫の知らせ」というものは今回はなかったですが、
Twitterを通し、死の直前を感じられたのは今までなかったことでした。
何となく、死に立ち会えたような気分です。

>ASIAのライブ行ってきましたー。噂に聞いてたけど聴衆の年齢層高っw 若い人がいませんww 
>でも念願のオリジナルメンバーでのライブ、忙しいのに無理して見に行ってよかったです。
>さすが超のつくベテラン揃い、演奏激ウマでした。特にカール・パーマーのドラムソロが圧巻。
>【以下略】
以前に観たリユニオンのライヴ映像でも、カール・パーマーが一番喋って元気でした(笑)
そういうキャラなんでしょうね。というか、 他のメンバーがあまり出しゃばりたがらない感じだからかな・・・。
ウェットンは、痩せてないみたいですねぇ(^-^;病気したばかりでちょっと心配だったのですが。


 ■ 今日のBGM :No.724
Fishing For More Luckies('96)【GBR】
Fishing For More Luckies ('96)
THE WILDHEARTS
Posted in けいおん!

R.I.P. Ronnie James Dio

05 17, 2010
ロニー・ジェイムス・ディオ
HR/HMのファンであるならば、知らない人はいないであろう偉大なシンガーが、
現地時間の昨日16日にこの世を去りました。

当初、亡くなる前日にTwitterで噂が流れたんですよね。
「ロニーは亡くなった」というものと「ロニーはまだ生きている」という2つの情報が入り乱れ、
真実がわからない状態が続いていました。
しばらくした後にロニーのオフィシャルHPから、「ロニーは生きている」と発表があり、
「亡くなったというのは誤報だったのか」と一度は胸を撫で下ろしたのですが、
その翌日、一転して「亡くなった」とのオフィシャルからの発表があって驚きました。

以前から胃ガンで闘病中とのことは承知していたのですけれども、
初期だから、十分治る見込みはあろうと思っていたのですけどね・・・。残念でなりません。

ロニーといえば、個人的にはRAINBOWの2ndと3rd、DIOでの1stが好きだったかなぁ。
独特の力強いヴィブラートに、絶対に音程を外さないことからくる安心感、そして絶大なカリスマ性。
後続のバンドや、僕たちHMファンへの影響は計りしれません。
彼については、あまり詳しいわけではないのですが、
やっぱりショックは大きく、今日一日はほぼ何も手が付けられない状態でした。
なんというか、今日という日にメタルにおける1つの時代が幕を下ろしたようにも思えます。

生涯現役お疲れ様でした!We Rock!


 ■ 今日のBGM :No.---
Holy Diver('83)【USA】
Holy Diver ('83)
DIO
Posted in 音楽

今回は小ネタ集ということで。

05 16, 2010
まぁ、半分ぐらい『けいおん!!』の感想ですけどね(笑)

■ 『けいおん!!』第3話
りっちゃんが、ドラムの魅力を再確認する、オリジナルのお話。
DVD観て楽しそうに叩くりっちゃんが、魅力的すぎてたまらんです。

ドラマーはどうしてもカメラ的には不利になりがち。
ドラムソロとかの見せ場作れば問題なしなのでは?と思ったのですが・・・。
学祭や新歓のような時間制限や、学校規模の照明設備では難しいかな。

コージー・パウエルとかTHE WHOとか、実在の名前が出てくる辺りに思わずニヤリ(笑)

■ 『けいおん!!』第4話
修学旅行編でしたね。
原作以上にさわちゃん先生の苦労が絶えないご様子。
軽音部員たちは、みんな問題児ですな(笑)

修学旅行ではないのですが、僕も京都で迷ったことあるので、
何かその時のことを思い出しました(^-^;

ムギへの(安くしてもらったりした)お礼がなかったのが気になったのですが、
もうちょっと引っ張るつもりなのかも。
(ムギの髪型もポニテになりませんでしたし)

■ 『けいおん!!』第5話
唯たちが修学旅行へ行ってる最中の下級生組のお話。
ジャズ研の娘(鈴木純)が意外と可愛い。
自己中心的かつ気分的に行動する辺り、大人しめなりっちゃんって感じでしょうか。
原作では、ちょっと意地っ張りな印象ではありましたが。

憂は、キーボード(オルガン)まで弾けることが判明。
この娘に弱点はないのか・・・(笑)

あと修学旅行のお土産があれでは、京都っぽい音は出ませんよと(笑)

■ Angel Beats!
3話ぐらいから面白くなってきた感じ。
ちょっと判りづらかったキャラクターも、分別できるようになってもきました。
どんな酷い目にあっても黙って受け入れる天使ちゃんが、何とも健気で(笑)
そろそろKeyらしい、大いに泣かせるシーンがほしいところです。

■ VICTOR ROCKSのプレゼント企画当選
Twitterでのプレゼント企画に応募したところ、
AMORPHISの直筆サイン色紙が当たってしまいました・・・。
到着が楽しみです。


>> 拍手レス

>なんて素敵にお尻様☆。その弾けんばかりに瑞々しいお尻に顔を埋めたいっ
>まず小三時間。誰だってそーする 俺もそーする(しねーよ)。
>綾波 破ですっかり萌えキャラになりましたねー だがそれがいい
『破』はまだ観てないのですよー。これからレンタルして観てみようかと。
何度も劇場に足を運ぶような人が結構いるようなので、期待してます。とくにマリ。


 ■ 今日のBGM :No.723
Skyforger('09)【FIN】
Skyforger ('09)
AMORPHIS
Posted in 雑記

Wish You Were Here

05 12, 2010
「エヴァンゲリオン」綾波レイ

新世紀エヴァンゲリオンより、綾波レイ。
今なら、ヱヴァンゲリヲンと書くべきかな。

エヴァは昔ハマりすぎた反動でか、最近までちょっと距離を置いていました。
しかし、新劇場版の『破』がちょっと面白そうと思って戻ってきまして、
手始めに『序』の方をまず観ました。
その流れで描くことに。

綾波を描くこと自体は初めてではなく、絵をはじめて間もない頃に描いたことがあり、
実に9年ぶりぐらいと思われます。
当時の絵もプラグスーツだったような覚えがありますね・・・。
昔の作品と比べてみたいものですが、自分のHDDの中にもすでに無くなっているのが残念。
まぁ、バックアップを調べたらあるかもしれませんが、そこまでするのも面倒で(笑)

デザイン的には、昔のを参考に描いているわけですが、
今も昔も、貞本先生のキャラを描くのはかなり難しく、
バンバン描いている先生は、やっぱり凄い人なんだなぁと改めて思います。


 ■ 今日のBGM :No.722
Nifelvind【FIN】
Nifelvind ('10)
FINNTROLL
Posted in その他版権

PCエンジン版イースⅠ・Ⅱ

05 06, 2010
Wiiのバーチャル・コンソール(VC)でようやくプレイできました。

実はローティーンの頃に一度だけやったことありまして、
PCエンジンCD-ROM2自体持っていなかったので、本体ごと友達に借りてプレイしました。
確か一緒に『Ⅲ』とHuカードのゲームも数本も借りた覚えが・・・。
(ちなみに『Ⅳ』は、数年後に違う友達に本体借りてはやりました(^-^;)

当時、それまで何かと悪名高いFC版の『Ⅰ』はプレイしたことはあり、
音楽の良さはすでに承知していたものの「イース=難解」という、
今では考えられない(笑) 間違ったイメージがありました。
しかし、PCエンジン版をやってみて、その考えは払拭されたのは当然のこと、
ゲーム自体の出来の良さに、もの凄い感動した覚えがあるんですよね。


ゲームを友達に返しちゃった後もその感動は忘れられず、
それ以来、PCエンジン版は「またやりたい」と憧れ続ける存在となりました。

しかし、サターン版やPC版『エターナル』など上質のリメイク作が出てくるにつれ、
その憧れはだんだんと薄れていき、PCエンジン自体が入手困難なこともあって、
もはや興味も次第になくなっていきました。

時は流れて、2007年のある日のこと。
WiiのVCで「PCエンジン版が復刻される」という、意外な情報が入ってきました。
その時はWiiは持ってなく、一気にWiiへの関心が高まったことはいうまでもない(笑)

そして今年に入ってようやくWiiが家に来て、先日VCにてダウンロード、
実に約18年ぶりのご対面となりました。

音楽の良さは変わらないにせよ、正直、後続の画面の綺麗なリメイク作に慣れた目には、
どうしてもショボく映ってしまいますが、思ってた程悪くはない印象。
VCに移植するに辺り、今でもプレイしやすいようにちょっと弄ってあるのかも。

ゲーム自体は約20年前に発売されたものであり、そんな古いゲームをわざわざ追い求めるのは、
やはりPCエンジン版は、唯一無比と言えるぐらい特殊な内容だからでしょうね。
『Ⅰ』から『Ⅱ』が1つの作品として繋がっており、
レベルが持ち越せるのは、多くの移植、リメイク作の中でもこれしかない(はず)。
ダームの塔でレベル上げできるのってこれぐらいでは(笑)

ストーリー的な矛盾があったり、収録曲が本家や『エターナル』より少なかったり、
今からすると色々問題があるPCエンジン版ですが、
それらを差し置いてもプレイできて良かったと思いました。

自分の「イースⅠ・Ⅱの理想像」は、
・PCエンジン版のような『Ⅰ』から『Ⅱ』へのレベル持ち越し
・PC-88版のようなゲームバランスの良さ(主にボス戦)
・『エターナル』以降の全収録曲、ストーリー設定
・最新のグラフィックで表現したもの
と常々に思っていたりします。
いつか作ってくれませんかねぇ、ファルコムさん。マヂで。


>> 拍手レス

>じーさんお肩をたたきましょ♪のメロディが。天使ちゃん可愛いな~ハンドソニック(違)
じーさん死んでるんだよう(笑) 天へ召される描写とか難しいです。


 ■ 今日のBGM :No.721
The Black Parade ('06)【USA】
The Black Parade ('06)
MY CHEMICAL ROMANCE
Posted in 雑記

Old Man And The Angel

05 03, 2010
「オリジナル」Old Man And The Angel

オリジナル。

IT BITESの「Old Man And The Angel」を聴いてて思い浮かんだイメージです。
もっとも、歌詞の内容は無視で、タイトル名と曲調からの想像ですが(^-^;

以前に描いた「Dust In The Wind」と似たようなものですけど、
歌詞も読んでいたあちらとは違い、曲のイメージとして「カッチリ」とハマっていない感じは、
どうにも否めないですかねぇ・・・。

あと、じいさんの顔がデカすぎたような(笑)


 ■ 今日のBGM :No.720
Once Around The World ('88)【GBR】
Once Around The World ('88)
IT BITES
Posted in オリジナル
■ HPコンテンツへ
■ Web拍手

    お気に召しましたら、押してやってください。
■ カテゴリー
■ カレンダー
04 ≪│2010/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
■ 最近の記事
■ 音楽系
【Last.fm】


【今日のBGM集計】
記事の『今日のBGM』を集計。
■ Twitter

【Twilog】 Twitterの過去ログ

■ TINAMI
■ その他

このHP内の画像(バナー除く)や文章の無断使用、転載を禁じます。
Copyright ©宮居 千 All Rights Reserved.


HPへ戻ります。 ↑ リンクは上記のサイトに。

■ カウンター