クリスマス仮装

12 28, 2010
「けいおん!」秋山澪&田井中律
けいおん!より、秋山澪&田井中律。

クリスマス・イヴの夜から何となく描き始めたのはよかったものの、
当初澪のみの予定が、律も必要っぽく感じて急遽追加。
おかげで、クリスマス当日ギリギリまで描くはめになって、
全くクリスマスの余韻に浸る余裕がなかったという(笑)

クリスマス絵は、賞味期限が早すぎるのが難点ですねぇ。


>> 拍手レス

姫様、そのご無体な御胸は平民の獣欲をがなり立てますっ!!。むっちりは絶対真理。
メリーク…じゃなかったハッピーバスデートゥユーっ!☆
彼女は常に1人、平民なんぞ存在しない。側にいるのは僕だけでいい(笑)


 ■ 今日のBGM :No.765
The End Of This Chapter ('05)【FIN】
The End Of This Chapter ('05)
SONATA ARCTICA
Posted in けいおん!

Red In The Sky Is Ours

12 26, 2010
「月姫」アルクェイド

月姫より姫アルク。12/25のお誕生日絵です。

共に歩んできた単行本の月姫も終わっちゃったので、
何となく寂しい感じの投稿です・・・。

好きに描いているとはいえ、メディアに貢献しているって気分があるのとないのとでは、
やはり多少なりともモチベーションが違ってくるでしょうし。
来年辺りリメイク出てたら良いんですけど(厳しいかな?)・・・。


 ■ 今日のBGM :No.764
Projector ('99)【SWE】
Projector ('99)
DARK TRANQUILLITY
Posted in TYPE-MOON

真月譚月姫 最終巻

12 22, 2010
真月譚月姫 10 (電撃コミックス)最終巻にあたる10巻を買いました。
表紙の満面の笑みがまぶしすぎて直視できません(笑)

「元々9巻で終わる予定だったのが、描き足しすぎてもう1冊増えた」
という佐々木先生のコメントがあるように、
9巻に入りきらなかった最終話が半分、
過去の知得留先生収録と単行本のための描き下ろしで半分、
という構成でした。

やはり最大のポイントは描き下ろしでしょう。
よもや「月蝕」がほぼ丸々再現されているとは思いませんでした。
それに加え、原作ゲームにはない漫画版独自の終わらせ方をさせており、
これがまた、かの名作RPG「LUNAR2」を彷彿させるような素晴らしい締めくくり。
もう溜め息がでちゃう(笑)
アルクェイドには、ずっと幸せでいてほしいものですね。

僕がアルクを好きになったきっかけは、もちろん原作ゲームでしたが、
唯一無比な存在、惚れ込むレベルに到達するまでシフトアップさせ、
ずっとファンアートを描き続けてこれたのは、
やはり佐々木先生の漫画版のよるものが大きいと思っています。

原作ゲームでは表現しきれない細かな心理描写、迫力ある戦闘、
そして独自の終わらせ方で魅了させてくれた漫画版月姫は、
(アルクルートに限っては)原作ゲームを凌駕したと言っても過言ではないかもしれません。

佐々木先生、本当に長い間お疲れ様でした。
「ありがとう、先生(の作品)に出会えてよかった」
シメにふさわしい志貴の台詞を借りて最大限の感謝を・・・。


 ■ 今日のBGM :No.763
The Dark Side Of The Moon ('73)【GBR】
The Dark Side Of The Moon ('73)
PINK FLOYD
Posted in 雑記

淫語ないーてぃーしー04

12 17, 2010
ボイスドラマサークル『KneeDrop.AVD』様から発行されています、
淫語ないーてぃーしー04 ボクちゃんのモノはママのもの(※18禁)
のイメージイラストを描かせていただきました。
今回は純粋な新作ではなく、過去作に僕の絵と新作音声ファイルを足したもので、
いわゆるリイシューとかリバイバル作品にあたります。

淫語ないーてぃーしー04

【取り扱い先】
http://maniax.dlsite.com/work/=/product_id/RJ050199

(※上記リンク先は、全て内容が18歳未満閲覧禁止です。クリックにご注意ください。)

自分の息子を愛して止まない、ドS気と独占欲の強い母親がヒロイン。
淫語を並べつつHな行為で息子を誘惑し、説得ていく作品と言いましょうか。
説得というより洗脳に近いレベルなのですが・・・(笑)

自分以外の女性には見向きもさせないように、やさしく、時には貶しつつ溺愛し、
偶に他の女性へ毒を吐きながら、愛しい息子を従順させていく姿が、
何処か恐ろしくも魅力的な作品です。
声優さんの声と演技が非常に艶めかしく、その説得力も絶大。
「飴とムチ」という言葉がしっくり来ます。

美人な母親に独占されたい、なじられたい、等の「受け」が好きな方にオススメです。
興味のある方はよろしくお願いいたします!


 ■ 今日のBGM :No.762
Uppers And Downers ('00)【GBR】
Uppers And Downers ('00)
THE YO-YO'S

TRICK

12 06, 2010
http://www.yamada-ueda.com/

最近ちょっとしたことからドラマの『TRICK』をレンタルで借りて観ています。

昔からタイトルとその評判だけは知ってはいたのですが、
チラ観する程度で本格的に観たことはありませんでしたし、
観るつもりもありませんでした・・・。

しかし、ツイッター上でネタを振られたにも関わらず答えられなかったのが悔しくて(笑) 、
改めてちゃんと観ようと思ったのがきっかけとなり、観始めました。
そして正直、ここまでのめり込むことになろうとは思わなんだ・・・(^-^;

この作品、ドラマという形を取ってますが、非常に漫画的で観やすいです。
っていうか、実写なだけで、内容は漫画と言っても良いかも(笑)

コントのようなおちゃらけっぷりと、やるせないようなシリアスな描写のバランスが独特で、
それに加えて色んな方面のネタ・パロディ・ダジャレを散りばめた結果、
なんとも胡散臭く、摩訶不思議な世界感が描かれている・・・といった感じでしょうか(笑)
しかも、シリーズが進むにつれてカオスっぷりに磨きがかかっていくような・・・(^-^;

とにかくとんでもない情報量で、いつネタが飛び出してくるか判らない為、
視聴する時は全く余談を許されない状態です(笑)

インチキ宗教やおかしな村の言い伝え等を、手品のトリックの原理で解決していくという、
基本的な物語のパターンは同じなのですが、飽きずに観ることができるのは、
やっぱりキャラの面白さとネタの多彩性のおかげなんだろうなぁ。

個人的に、この作品における仲間由紀恵さんは大好きです。
ドラマでここまで女優を好きになることって事は滅多にないと思います。
ツンデレ及びギャップ萌え!
貧乳属性ないのが悔しいです(笑)


 ■ 今日のBGM :No.761
Psychromatic ('10)【ITA】
Psychromatic ('10)
RAINTIME
Posted in 映画
■ HPコンテンツへ
■ Web拍手

    お気に召しましたら、押してやってください。
■ カテゴリー
■ カレンダー
11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
■ 最近の記事
■ 音楽系
【Last.fm】


【今日のBGM集計】
記事の『今日のBGM』を集計。
■ Twitter

【Twilog】 Twitterの過去ログ

■ TINAMI
■ その他

このHP内の画像(バナー除く)や文章の無断使用、転載を禁じます。
Copyright ©宮居 千 All Rights Reserved.


HPへ戻ります。 ↑ リンクは上記のサイトに。

■ カウンター