2015年ベストアルバム

01 02, 2016
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


今年の新年絵はちょっと描く時間が取れないので、早速昨年のベストアルバムの発表をば。

ストームクロウ
Stormcrow('15) / CAIN'S OFFERING


STRATOVARIUSのティモ・コティペルト(Vo)と元SONATA ARCTICAのヤニ・リマタイネン(G)を中心としたプロジェクトの2nd。
メンバーの元バンドが示すように、両バンドの音楽を組み合わせたような典型的なフィンランド産メロスピですが、SONATA ARCTICAが脱メロスピ化していく中で、「元のメロスピに戻って欲しい」という願望が年々積み重なっていたところに、今回のようなアルバムの登場は、気持ちが良いぐらいドンピシャな内容でした。

そして、典型的ではあるのですが、NIGHTWISHっぽいシンフォニックな曲もあったり、フィンランドらしい土着的なメロディであったりと、単なる焼き直しではなく上手く他の要素も取り入れて消化しているのも好印象。
日本盤ボートラすら名曲であるというアルバムとしての充実感も、大きな決め手となりました。

最初サンプル曲を聴いて、「これこれ!こういうの欲しかったんだよ」って、天龍ちゃんみたいな台詞が脳内に過ぎました(笑)
ヤニ・リマタイネン脱退後のSONATA ARCTICAが失ったものと、目指して欲しかった未来を的確に表現してるんじゃないかな、とまで思っています。

---

その他、次点としては

Dark Angel('15) / FIND ME
Underworld('15) / SYMPHONY X
Legacy('15) / PRAYING MANTIS
Rise Of The Hero('14) / IRON SAVIOR

辺りがお気に入りでした。
昨年は沢山CDを聴きました・・・。

---

それと去る12月29日、MOTORHEADの総帥、レミー・キルミスターが逝去されました。

1975年からシラフになったことがない」とか「抱いた女の数は1000人」だとか、強面な外見に加えて数々の伝説がある人物。
でも究極的にマイペースで全くブレない生き様は、皆の憧れの的ともいえる存在でした。

そんなキャラクター性や音楽性など、後続に与えた影響力は計り知れず、彼を失ったメタル業界はこの年末、大きな悲しみに染まっていたと思います。
自分も訃報を聞いて、MOTORHEADのCDを聴いたり、ドキュメンタリー映画「極悪レミー」を観たりと追悼ばかりの年末でした。
(「極悪レミー」では彼の等身大の姿が描かれ、頭が回転がよくて話が上手く、紳士的な内面を持っていたことを知り、もっと好きになりました。)

ここ1年、レミーは体調を崩すことが多かったのでちょっと心配はしていたところはあったのですが、正直亡くなるイメージは全く沸いていなかったので、本当に残念でなりません。
R.I.P Lemmy.

---

ちょっと辛気臭い年の始まりになってしまいましたが、改めて今年もよろしくお願いいたします。


 ■ 今日のBGM :No.---
【---】
--- ('--)
ベスト・アルバムがあるためお休み
Posted in 音楽
■ HPコンテンツへ
■ Web拍手

    お気に召しましたら、押してやってください。
■ カテゴリー
■ カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
■ 最近の記事
■ 音楽系
【Last.fm】


【今日のBGM集計】
記事の『今日のBGM』を集計。
■ Twitter

【Twilog】 Twitterの過去ログ

■ TINAMI
■ その他

このHP内の画像(バナー除く)や文章の無断使用、転載を禁じます。
Copyright ©宮居 千 All Rights Reserved.


HPへ戻ります。 ↑ リンクは上記のサイトに。

■ カウンター