CRADLE OF FILTH Cryptoriana World Tour 2018 in JAPAN

05 03, 2018
CRADLE OF FILTH

5/2(水)梅田クラブクアトロで行われましたCRADLE OF FILTHの大阪公演に行ってきました。
去年のラウドパーク出演以前は相当来日してなかったようなので、大阪上陸もかなり久しぶりなんじゃないでしょうか。
CRADLE OF FILTH自体、もちろん初見です。

当日、珍しく友人との参戦でGWの混雑への懸念と車での移動ということもあって、普段より会場にかなり早めについてしまったわけですが、そこで偶然にもバンドメンバーの会場入りに遭遇
目の前数十センチを通り過ぎるスッピンのダニ・フィルス一行に、「うおぉお・・・」と感嘆の声が漏れる以外、ビックリ過ぎて何にも出来ませんでした(笑)
ここで写真をお願いできる度胸が欲しいところですね・・・。
あと、物販で一番に買えたというのも珍しい体験でした。

以下セットリストです。

01. Intro: Ave Satani
02. Gilded Cunt
03. Beneath The Howling Stars
04. Blackest Magic In Practice
05. Heartbreak And Seance
06. Bathory Aria
07. Dusk And Her Embrace
08. The Death Of Love
09. You Will Know The Lion By His Claw
---
Encore
10. Intro: A Bruise Upon A Silent Moon
11. The Promise Of Fever
12. Nymphetamine (Fix)
13. Her Ghost In The Fog
14. Born In A Burial Gown
15. From The Cradle To Enslave
16. Outro: Blooding The Hounds Of Hell

最新作「Cryptoriana」のツアーという割には、ここからの選曲は2曲のみ。
あとは歴代の代表曲(オフィシャルPVになるような曲)が並んでおり、ある意味初心者にも嬉しいセトリとは思います。
9曲目で早々に一度引っ込んだので、これ以降をアンコールとしていますが、もしかすると前半後半の二部構成だったのかもしれません。

何と言っても、ダニ・フィルスのヴァンパイア・ヴォイスとかスウィート・ヴォイスとか言われる歌唱を生で聴けたのは嬉しい。
多くの曲で使われる「キィヤアァァァァァァァ!!!」という金切り声、小柄目な身体からひねり出すようにシャウトするのは、感動すら覚えます。
また、鍵盤のお姉さんがソプラノ系の女性バックコーラスの役割も担っており、時折メインパートを歌いつつもダニとの掛け合いもあってとても良かったです。
自分の見たバンドの中では、ライヴでのバックコーラスは録音を流す処理で行われる場合が多かったもので・・・。
ORPHANED LANDとかも、こんな感じで見たかったなぁ。

ギター隊の音がやや小さい気もしたものの、全体的には邪悪な雰囲気たっぷりの良いショウだったと思います。
ラスト2曲の音源を持ってなくて、ちょっと悔しかったですけどね。


 ■ 今日のBGM :No.1036
Cryptoriana - The Seductiveness Of Decay ('17)<【GBR】
Cryptoriana - The Seductiveness Of Decay ('17)
CRADLE OF FILTH
0 CommentsPosted in 音楽
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
■ HPコンテンツへ
■ 最近の記事
■ カテゴリー
■ カレンダー
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
■ 音楽系
【Last.fm】


【今日のBGM集計】
記事の『今日のBGM』を集計。
■ Twitter

【Twilog】 Twitterの過去ログ

■ その他

このHP内の画像(バナー除く)や文章の無断使用、転載を禁じます。
Copyright ©宮居 千 All Rights Reserved.


HPへ戻ります。 ↑ リンクは上記のサイトに。

■ カウンター