Metal Female Voices Fest Japan 2019

04 23, 2019
MFVF

4/20(土)梅田のamHALLで行われました「Metal Female Voices Fest ~Japan 2019~」に参加してきました。
タイトルの通り、女性ヴォーカルをフロントマンに迎えたバンドによるメタルフェスで、ベルギーが本元らしい。
それを日本でも開催してもらえたイベンターの人にはまず感謝しなくてはいけません。

全6バンドが参加して、その内半分が男女混声ヴォーカル。
メインアクト以外は全く知らず、事前にYoutubeで動画をチェックした程度での参戦でした。

ホールの設備のせいか、全体的にヴォーカルが聴こえづらい感じであったのはちょっと残念。

RAKSHASA
日本のオープニングサポートその1。
雅な雰囲気ということでは陰陽座辺りを思い起こさせるものの、もう少しメロスピ/シンフォニック寄りな印象。
粗さはあるが、親しみやすそうなのは好印象でした。

ANCIENT MYTH
日本のオープニングサポートその2。
ビジュアル系的な風貌(フロントVoがボンテージ、演奏隊が学ランみたい)で、京都出身らしい。
オペラチックで耽美な方向性ながら、演奏に関しては時折CRADLE OF FILTHやIRON MAIDENのようなアグレッシヴなパートがあって格好良かったです。

SAILING TO NOWHERE
ここからが本番。
イタリアのメロスピ/プログレメタルで、この手のジャンルで男女混声Voなのは割と珍しいのでは。
バンド名からヴァイキングがモチーフなのか、井手達や小道具にそれが表れている感じでした。

とにかく女性Voのセクシーな海賊衣装と男性Voの陽気なパフォーマンスで、キャッチーな演奏と共に終始楽しげな雰囲気でした。
あと、リードギターがかなり若い見た目で、もしかしたら10代だったのかも。

EVIG NATT
ノルウェーのゴシックメタルで、こちらも男女混声Vo。
今回出場のバンドの中では、最も正統派なゴシックメタル寄りではあるけど、時折ブラックメタル的な展開になったりといった面白みも。

男性Voが派手に動き回ってパフォーマンスするものの、ゴシックメタル独特のダウナー感覚とのアンバランスさに当初はどう対処したらいいのかわからず、慣れるまでに時間がかかったりしました(笑)
あとデス声オンリーと思ってた男性Voがいきなりちゃんとデュエットし始めた時は、「普通に歌えるじゃん!」って心の中でツッコミいれました。

VUUR
メインアクトその1で、個人的な一番の目当て。
オランダの元THE GATHERINGのVo、アネク・ヴァン・ガースバーゲン率いるプログレメタル。
セトリは以下の通り。

01. Time - Rotterdam
02. On Most Surfaces (THE GATHERING)
03. My Champion - Berlin
04. The Storm (THE GENTLE STORM)
05. Days Go By - London
06. Your Glorious Light Will Shine - Helsinki
07. Strange Machines (THE GATHERING)

VUUR自体はアルバム1枚しか発表していないため、「THE GATHERINGの曲とかもやってくれないかな・・・。」と淡い期待は持ってましたが、まさか本当にやってくれるとは・・・(しかも2曲)(笑)
その他プロジェクト(こちらは未チェックでした)の曲もやってくれて本当に大興奮でした。
アルバムが増えてくるときっとバンドの音楽以外はやる機会は減ってくるでしょうから、今の時点で観ることができてよかったと思います。
でも、まだまだ聴きたい曲はあったのでもっと観たかった・・・。

音の重みといったプロダクションの面でも一番良かったかも。
ヴォーカルの声が聴こえづらいような環境の中でも、突き抜けてくるような凄さを感じ取ることができたアネク姉さんの声は神懸っていたと思います。
意外と可愛らしいステージパフォーマンスも相成って、ますますアネク姉さんが好きになりました。

LEAVES' EYES
メインアクトその2で、ラストのトリで、ドイツのゴシック/ヴァイキングメタル。
前任のカリスマ女性Voであるリヴ・クリスティンがいなくなり、その夫であった男性Voのアレクサンダー・クルルと新女性Voの新体制となったことが注目でした。

当初は夫のアレクがリヴの為に作られたバンドで、土着的な風味はあるもののしっとりしたゴシックメタルでしたが、結婚が破局になってリヴが脱退。
近年の作風ではヴァイキング色を打ち出してきており、Voが変わった最新作ではさらにそれを推し進めた作風になっています。
セトリは以下の通り。

01. Rulers Of Wind And Waves
02. Sign Of The Dragonhead
03. Across The Sea
04. Take The Devil In Me
05. My Destiny
06. Swords In Rock
07. Jomsborg
08. Farewell Proud Man
09. Hell To The Heavens
10. Fires In The North
11. Riders On The Wind
12. Edge Of Steel
13. Beowulf

Encore
14. Blazing Waters

とにかく、バンドのブレインで男性Voであるアレクサンダー・クルルの存在感に圧倒されました。
こちらは何時間も立ちっぱなしで疲れているのもお構いなく、巨体な身体で動きまくってガンガン客を煽ってくる(笑)
おかげで、彼がいない曲などは寂しさすら感じるほど。

さらに彼はアンコール時には甲冑と剣を持って再登場。
最後はパフォーマンス時の迫力とは打って変わって何度も頭を下げて感謝の意を示し、念願の日本へのライヴを果たせたことが本当に嬉しかったんだなと思いました。

新Voもしっかりリヴの時代の曲も歌いこなし、力量的には申し分ない感じで新体制として新たな方向に舵を切った印象でしたね。

フェスのMVPとしてはVUURでしたが、ライヴとしての楽しさはこちらの方に軍配が上がります。
ヴァイキングの勇ましさを前面に出したライヴは、やはり楽しい(笑)


 ■ 今日のBGM :No.1063
【GER】
Sign Of The Dragonhead ('18)
LEAVES' EYES
0 CommentsPosted in 音楽

Italian Melodic Fest 2019

02 10, 2019
Italian Melodic Fest 2019

2/8、梅田のバナナホールで行われました「Italian Melodic Fest 2019」に参戦してきました。
バナナホールは昔の旧店舗の時に行ったことがあったと思うのですが、新しくなってからは初めて。
近年移転・建て直しをした綺麗な印象のホールでした。

タイトルの通り、イタリア出身の3メタルバンド+前座の日本バンドがパッケージとなったライヴで、LABYRINTH以外は今回の来日に合わせて学習して行きました。
メインのLABYRINTHが1時間程で、残りは3~40分ぐらいの演奏時間でしたでしょうか。
前座も含め、どのバンドもそれぞれ個性的な良さがあって楽しかったです。

ELEANOR
前座の日本のゴシックメタルバンド。
ゴスのダウナー感と日本語歌詞による歌謡曲的な、どこか懐かしい哀愁を併せ持った独特な世界観があるかな。
Voとバックコーラスの二人のお姉さんがエキゾチックなセクシー衣装着てまして、衣装なども含めて雑多感があるのも何だか日本っぽいなーと。
ギターの人はなかなかテクニックがある印象でした。

TRICK OR TREAT
HELLOWEENの純度の高いフォロワー的なバンドではあるのですが、最新作がアニメのカヴァー集だったこともあって、半分アニメタルと化してました(笑)
まず「CHA-LA HEAD CHA-LA」のイントロで入場してきて、1曲目が始まってVoが入ってきた時にはスカウター付けてましたし(笑)
多くのイタリアバンドのカヴァーでおなじみの「ペガサス幻想」も日本語で(カンペ見ながら)やってくれました。
(何気に生で聴けたのは初めてだったかな・・・。)
唯一聴いていた「Rabbits' Hill Pt.2」からも多く選曲してくれて嬉しかったです。
メンバーも非常に朗らかで印象がよく、今回のバンドの中では好感度のアップ率では一番です。

ELVENKING
メロパワ寄りのフォークメタルバンド。
こちらもTRICK OR TREAT同様に最新作しか聴いてなかったのですが、ここからの選曲が多めで助かりました。
Voの声があまり好みではないせいか、やや取っつきにくいバンドと思ってましたが、フォーキッシュなノリのライヴ観ると判りやすくて結構印象が変わりましたね。
パフォーマンスではこの日一番安定してたかもしれません。
フィドルが結構効いてましたね。

LABYRINTH
メインアクトのメロスピ/プログレッシヴメタルバンド。
名作2nd「Return To Heaven Denied」の再現ライヴということで、セトリは省略。
ちなみに曲順は輸入盤基準だったのですが、2ndの再現のみで終わった辺りがちょいと残念な点。
アンコール形式でもう1曲ぐらい新作とか3rd辺りからプレイしてほしかった、というのが正直なところです。

一番の目当てはやはりVoのロベルト・ティランティ(ロン毛を切って短くなってました)。
彼の驚異的なハイトーンと鼻にかかったような上品な歌声が好きで、2nd~3rdの頃はメロスピ界隈では特にお気に入りなシンガーでした。

ロベルトはライヴではやや抑揚を付けた歌い方をするのでその辺り好みは分かれるでしょうが、20年前のCDと遜色ない歌声で本当に驚くばかりで。
CDよりもスクリームを多く披露していましたし、バラードでのスキャットは会場を引き込む程の圧巻さで、昔とはちょっと違う円熟みも感じました。
ちょっとおっちょこちょいな感じの性格のようですけど(笑)

ギターのオラフ・トーセンも思ったよりもゴツくてデカい人で、ちょっとビックリ。
緻密な作曲をするせいか、どこか細身なイメージを持ってました・・・(^^;

バンドの近年の作風からか、それともベースがよく効いていたからか、再現ライヴながらCDよりもプログレッシヴな印象で何処か新鮮さもありました。
このライヴが影響して、次作のアルバムではメロスピらしい疾走曲が増えたら嬉しいのですが(笑)


 ■ 今日のBGM :No.1058
【ITA】
Rabbits' Hill Pt.2 ('16)
TRICK OR TREAT
0 CommentsPosted in 音楽

新年のご挨拶&2018年のベストアルバム

01 02, 2019
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

昨年は色々厄災のあった年だった一方で、やりたかったことを色々とできた年でもありました。
厄災はゴメンですが、良い面については引き続き多岐にわたって繋がっていけたらいいなぁと思う新年元旦明けでございます。

さて、では恒例の2018年のベストアルバムを発表したいと思います。


Queen Of Time ('18) / AMORPHIS


2018年のベストアルバムは、フィンランドの英雄、AMORPHISの13th

一応「一番好きなバンド」として自覚してはいるのですが、今まで一度もベストアルバムには選ばれたことがなかったのは、実に不思議です(笑)
常に安定して良作を作り続けるバンドなだけに、ベストアルバム選出には物凄いハードルが高くなってたのも事実で、今回は特に工夫の凝らされた作風に感心して、ようやくの選出となりました。

ゲロゲロなデスメタルでデビューし、2ndの傑作「Tales From The Thousand Lakes」で民族的なメロディを導入したメロデスで大きく評価を得て、続いて大傑作3rd「Elegy」を発表。
以降、プログレ色が濃くなって脱メタル化進むと同時に人気も低迷していましたが、Voがトミ・ヨーツセンに代わった7th「Eclipse」で3rd辺りの路線へ回帰。
以降はゴシック味、アンビエント色、オーケストレーションなど様々な要素を取り入れつつも、安定した作風を作り続けているベテランです。

年代によって音楽性は変わっていますが、極めて高いメロディの質は共通していて、それがバンドとしての絶対的なアイデンティティとなっています。
また、フィンランドの叙事詩である「カレワラ」をテーマにした作品が多いのも特徴です。

そしてこの13thアルバムは、以下の3つのポイントがあると思っています。
・民族的メロディを取り入れたオリジネイターとして世界にバラまいた手法を、後続のバンドによって長年練成されたペイガンメタルやクサメタルの要素を逆輸入した印象。
・4th「Tuonela」の頃のようなアンビエント的な曲をポップに進化させたり、サックスが入ったりと実験的な一面。
・豪華なゲスト陣。ORPHANED LANDとの繋がりができ、元THE GATHERINGのアネク譲がゲストの曲があったりと、大好きな要素の集合体と化している。

13作目にして色々と新機軸を打ち出してくるアイデアの豊富さには脱帽ものです。
最高傑作は3rdの「Elegy」とは思っていますが、更なる傑作を生みだしそうな期待感を持たせてくれるのも大きいですね。

マンネリズムとは無縁と言わんばかりの安定感は本当に凄まじいと思います。
いつまでも大好きなバンドであってほしいと願うばかりです。

---

時点としては、
Firepower ('18) / JUDAS PRIEST
To Drink From The Night Itself ('18) / AT THE GATES
War Of The Worlds // Pt. 1 ('18) / MICHAEL ROMEO


辺りですかね。
特にマイケル・ロメオのソロ作は、ベストアルバムにしようか最後まで迷ってた作品でした。
SYMPHONY X好きな人は、きっと気に入ることでしょう。

ライヴの面では、悲願だったロブのいるJUDAS PRIESTや、観れると思ってなかったカイとキスクの帰ってきたHELLOWEENなど、長年の夢が叶ったライヴが多かった気がします。
ベテランは高齢化が進んでいるので、観れる時に観ておかないとという気持ちが強まるばかりで、お財布にはよろしくないのですが(笑)、メタル業界が賑わうのは良いことだなとは思います。


 ■ 今日のBGM :No.---
【---】
--- ('--)
ベスト・アルバムがあるためお休み
0 CommentsPosted in 音楽

JUDAS PRIEST「Firepower」ツアー

12 03, 2018
Judas Priest

11/26(月)にグランキューブ大阪で行われました、JUDAS PRIEST「Firepower」ツアーの大阪公演に行ってきました。
メタルバンドがライヴをやる雰囲気ではないぐらいの綺麗なホールでしたが、バックには巨大モニターが置かれ、いざ開演が始まるとあんまり気にならなくなりました。
ちなみに、友人夫婦と3人での参戦です。

JUDAS PRIEST自体は初めてではなく、20年前程にティム・オーウェンズの頃に観に行っており、またロブ・ハルフォードも2002年程にHALFORDの公演では観たことはあったりします。
ただ、今の感覚だとどちらも中途半端であり、やはり完全体である「ロブがいるJUDAS PRIEST」は観とかなくては・・・、とずっと思ってたので、今回それがようやく叶った形になりました。
なんせJUDAS PRIESTは、メタルを聴き始める切っ掛けになったバンド、何とも感慨深いです。

厳密にいえば完全体ではないのですが(グレン・ティプトンが病気で不在)、積年の想いを納得させるには十分な良いライヴだったと思いました。

以下セットリストです。

01. Firepower
02. Running Wild
03. Grinder
04. Sinner
05. The Ripper
06. Lightning Strike
07. Desert Plains
08. No Surrender
09. Turbo Lover
10. The Green Manalishi (With The Two-Pronged Crown)
11. Night Comes Down
12. Guardians
13. Rising From Ruins
14. Freewheel Burning
15. You've Got Another Thing Comin'
16. Hell Bent For Leather
17. Painkiller

Encore
18. The Hellion
19. Electric Eye
20. Breaking The Law
21. Living After Midnight

「Firepower」のツアーなので、ここからの選曲が多めながら、それ以外はロブ脱退以前の曲で固められてる構成で、個人的には「Unleashed In The East」のライヴ盤に近い流れかなという印象です。
色々やってほしい曲もあったのですけど、ロブの声の具合などを最優先に決めたものだろうとも思うので、まぁ仕方がないかなと。
アンコールもすぐ出てきたりして、あっという間の1時間30~40分ほどでした。

16曲目「Hell Bent For Leather」で恒例のバイクも登場、続くPainkillerでのハイトーンがやはり今回のハイライト。
さすがにハイトーンを駆使するナンバーはかなりキツそうでしたが、全体的にはロブの声も出ており、老体に鞭を撃って頑張る姿には結構グッとくるものがありました。

なお、病欠のグレン・ティプトンの代役として、プロデューサーやミキサーなどで有名なアンディ・スニープが参加。
代役に徹して大きなアクションはありませんでしたが、彼のプレイが観れたのも良かったです。

公演最後に「THE PRIEST WILL BE BACK」というモニターの文字で締めくくり、まだまだ現役でやっていけるぞ感を出して終了したのも印象深いです。
今回が最後のツアーじゃないかとも思っていましたけど、「まだアルバム作れるな」という期待感も持てましたし、日本にまた戻ってきてほしいものですね。

(追記)東京の2公演では、アンコール時にグレン・ティプトンがゲストで出てきたらしい・・・。
東京ズルいー!ムキー!


 ■ 今日のBGM :No.1055
Firepower ('18)【GBR】
Firepower ('18)
JUDAS PRIEST
0 CommentsPosted in 音楽

THE CROWN Japan Tour 2018

09 13, 2018
THECROWN

9/12(水)、大阪心斎橋のFAN J Twiceで行われました「THE CROWN Japan Tour 2018」に行ってきました。

平日だったからか、あまり周到されていなかったのか、開場時のお客数が少なく、チケット取るのが遅れたと思ってたのが入場5番目。
一昨年行ったTHE DUSKFALLの時と同様な状態で、バンドやプロモーターには申し訳ないけど、最前列で観ることができたのは想定外でした。
前座が始まった頃には30人ぐらい、最終的には100人ぐらいでしょうか。
海外のマイナーなバンドとはいえ、もうちょっと客が来るものだと思ってたけどなぁ・・・。

PRIMITIVE
前座1。デスメタルらしかぬ短髪で清潔感のあるメンバーが何人かいたのが第一印象。
テクニカルな割に聴きやすそうな感じではあったけど、ギターの音が小さくて聴き取りづらく、あまりバンドとしての魅力を感じ取るにまではいかなかったかな。

DESCENT
前座2。前バンドよりはリズム隊を中心としてアグレッシヴな演奏ではあったのですが、一聴では曲の展開が判りづらく、掴みどころがよくわかりませんでした。
ただ、ドラムの人がウィル・スミスの描かれた凄まじくダサいランニングシャツを着ていて、そればかりが気になったこと、あとヴォーカルがマイクパフォーマンスの経験が少ないか、はたまた落ち着かないのか、やたらと左右にウロチョロしてたイメージが強い(^^;

ORIGIN
ここからが本番で、重量級な殺傷力が一気に増す。
THE CROWN名目のツアーですが、このORIGINとのカップリングの意味合いが強いです。

テクニカルなブルータル・デスメタルですが、全てのパートが鬼のような存在感を持ち、テクニカルという言葉が安っぽく感じるほど、意味不明な動きで演奏していました。
このバンドはアルバム1枚しか聴いたことがなく、どこが良いといえるほどの知識はなかったですが、アルバム聴いた際に感じた轟音の中にもフックやメロディといったものがあり、それをライヴでも感じ取ることができました。

あとヴォーカルの人が物凄い圧力でして、それでいてモッシュとかを強要してくるあたりが鬼かと思いました(笑)
ライヴパフォーマンスとしては、ベテランらしく本当に圧巻の一言。

THE CROWN
本日のトリで、もちろんこのバンドが一番の目当て。
デスラッシュにロックンロールの要素を取り入れた「Death & Roll」が身の上の暴走バンド。
大好きなバンドで、「Crowned In Terror」で知って16年、ようやく生で観ることができました。

以下セトリ。

01. Destroyed By Madness
02. Iron Crown
03. Blitzkrieg Witchcraft
04. At The End
05. We Avenge!
06. Iblis Bane
07. Cold Is The Grave
08. In The Name Of Death
09. Crowned In Terror
10. Cobra Speed Venom
11. Deathexplosion
12. World War Machine
13. Angels Die

Encore
14. Total Satan

最新作のツアーなので、新譜からの選曲が多め。
それは仕方がないのですが、他の作品からの選曲がちょっと物足らない感じですかね。
名曲が多いバンドで、山ほどやってほしい曲はあったけど、多くがスルーされてしまったのは残念。
そんな中、「Iblis Bane」「Angels Die」といった予想していなかった選曲にちょっと驚きました。

ライブ自体は盛り上がりはすさまじく、すごく楽しかったです。
客が暴れまくって大変でしたが・・・(;´Д`)
次観る時は、難しいかもしれませんが是非ワンマン、もしくは前座1つぐらいで。
しっかりとした尺のライヴで楽しませてほしいですね。


 ■ 今日のBGM :No.1046
Cobra Speed Venom ('18)【SWE】
Cobra Speed Venom ('18)
THE CROWN
0 CommentsPosted in 音楽
■ HPコンテンツへ
■ 最近の記事
■ カテゴリー
■ カレンダー
04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
■ 音楽系
【Last.fm】


【今日のBGM集計】
記事の『今日のBGM』を集計。
■ Twitter

【Twilog】 Twitterの過去ログ

■ その他

このHP内の画像(バナー除く)や文章の無断使用、転載を禁じます。
Copyright ©宮居 千 All Rights Reserved.


HPへ戻ります。 ↑ リンクは上記のサイトに。

■ カウンター